食べる 買う 暮らす・働く

渋谷ハチ公前交差点「ロクシタン」が刷新 ピエール・エルメ監修カフェも

黄金色の花「イモーテル」のモチーフをあしらい、「プロヴァンスから届いた大きなブーケのような」店舗デザインを採用

黄金色の花「イモーテル」のモチーフをあしらい、「プロヴァンスから届いた大きなブーケのような」店舗デザインを採用

  •  
  •  

 渋谷ハチ公前交差点にある仏ライフスタイル・コスメブランド「ロクシタン」の直営店(渋谷区道玄坂2)が8月8日、仏洋菓子店「ピエール・エルメ・パリ」監修カフェを新設し、リニューアルオープンする。

ピエール・エルメ・パリが監修するカフェ(イメージ)

 南仏プロヴァンスのライフスタイルを提案し、植物素材を使ったスキンケア商品などで知られる同ブランドの3フロアを展開する世界最大規模の店として2008年5月にオープンした同店。物販に加え、併設するカフェでは、オーガニック食材などを取り入れたフードやスイーツを提供してきた。5月20日に改装工事のため一時閉店していた。

[広告]

 リニューアルに合わせ、店名も「渋谷 テラス・ド・プロヴァンス」から「ロクシタン渋谷店 ブーケ・ド・プロヴァンス」に改名。ファサードなどの柱に、摘み取った後も色あせないという黄金色の花「イモーテル」のモチーフをあしらい、「プロヴァンスから届いた大きなブーケのような」店舗デザインを採用する。

 1階の物販フロアでは、ギフトを自由に組み合わせられる日本最大規模のギフトマルシェコーナーや、フレグランスのおみくじなどを展開。店の一角にはピエール・エルメ・パリ監修のマカロンや焼き菓子、ドリンクなどをテークアウトできるコーナーを新設する。内装は、人気商品「ロクシタン シア ハンドクリーム」をかたどった長さ1メートルのインテリアも特徴という。

 2階・3階のカフェは「L'OCCITANE Café by Pierre Hermé」として刷新。同洋菓子店監修の「プティ・デジュネ(朝食)」やサラダ、パスタなどの軽食をはじめ、ミルフィーユ、クリームブリュレ、かき氷、スイーツのビュッフェなどを提供する。

 営業時間は、物販=10時~21時、カフェ=8時30分~22時(ラストオーダー)。

  • はてなブックマークに追加