食べる

米老舗「ファットバーガー」、業態転換する「マグネットby SHIBUYA109」に1号店

「昔ながらのアメリカンダイナー」をコンセプトに仕上げる店内のイメージ

「昔ながらのアメリカンダイナー」をコンセプトに仕上げる店内のイメージ

  •  

 109MEN´S(渋谷区神南1)から業態転換する「MAGNET by SHIBUYA109」に4月28日、米発バーガーブランド「FATBURGER(ファットバーガー)」の日本1号店「FATBURGER渋谷店」がオープンする。経営はジー・スリーホールディングス(品川区)の子会社Green Micro Factory(同)

ボリューム感が特徴的なバーガー

 1952年、ロサンゼルスのウエストストリートでロビー・ヤンセンという女性が創業した同ブランド。現在は世界20カ国で200店舗以上を展開している。ブランド名には、「Fresh、Authentic、Tasty」という思いを込めている。

[広告]

 「昔ながらのアメリカンダイナー」をコンセプトに仕上げる渋谷店には50席を用意。スポーツ観戦や音楽を流すための映像・音響設備も充実させるという。

 パティには脂肪分20%以下(一般的には40%程度)の牛肉の赤身のみを使い、店内でミンチから作り注文を受けてから焼く。創業者の思いから「ファットなサイズ」も特徴で、普通サイズという「オリジナルバーガー」(680円)でもパティ115グラム(一般的なチェーンで40グラム)ある。「チャレンジメニュー」として提供するパティ6枚を重ねる「USキングバーガー」(2,560円)を用意し、完食した場合は客の写真を店内に飾るという。16時以降にはバファローウイングチキンやアルコールなども提供する予定。

 営業時間は11時~23時。