3密を避けて新しい生活様式へ!

渋谷でダンスショー「LOVE ON THE FLOOR」、高橋大輔さん主演で再演へ

公開制作トークショーに参加した高橋大輔だん

公開制作トークショーに参加した高橋大輔だん

  • 0

  •  

 渋谷ヒカリエ(渋谷区渋谷2)内の劇場「シアターオーブ」で6月、ダンスショー「LOVE ON THE FLOOR」が再演される。

昨年公演時の報道公開より

 昨年世界初演した同作は、主演・構成・演出を手掛ける米ダンサーのシェリル・バークさんが2010年から構想していた、「ロマンス」「嫉妬」など、テーマである「愛」のさまざまな局面をダンスで表現するダンスショー。バンクーバー五輪でフィギュアスケート日本男子初となるメダルを獲得した高橋大輔さんがゲストダンサーとして出演したことでも知られる。

[広告]

 公演に先駆け、3月23日に高橋さんが参加する制作発表トークショーが開かれた。前回公演の最終日は立ち見も出る盛況ぶりで「(公演を重ねるごとに)モチベーションが上がっていった」と振り返る高橋さん。「(再演は)うれしいが、最後だと思いながら舞台に立っていたので想定していなかった」というが、「あの空気感をまた体感できると思うと楽しみ」と目を輝かせる。

 初の舞台出演に「全てが大変だった」といい、選手時代は女性と組んで踊ることがなかったため、「ねっとりとした絡み」も恥ずかしかったというが、「(公演)後半では乗り越えることができたので、次はガンガン攻めていきたい」と笑いを誘った。作品のテーマにちなみ、「共感する愛」を聞かれると、「hurt(=傷つける)」と答えた高橋さん。「付き合っていて楽しいことなんて少ない。好きすぎてつらいみたいな…ラブラブは前半で終わる」と持論を展開した。

 再公演となる今回は、バークさんと高橋さんがダブル主演を務めるほか、アルベールビル五輪女子シングルで金メダルを獲得したクリスティ・ヤマグチさん、ソチ五輪アイスダンス金メダリストでもある米フィギュアスケーターのメリル・デイヴィスさん、チャーリー・ホワイトさんらも前回に引き続き出演する。バックダンサーは全員入れ替えるという。ストーリーの軸は変わらないが、シーンによってはブラッシュアップしたり変更したりする予定。

 高橋さんは今回主演ということで出番も増える。「責任感はある」と気を引きしめつつ、「何も分からなかった前回とは準備や心構えが違う」と話す。「(前回は)自分が思い描いていた理想とは違っていたので近づきたい」と意気込んだ。

 公演期間は6月16日~25日(13公演)。観賞料は、SS席=1万5,000円、S席=1万3,000円、A席=1万1,000円、B席=9,000円。一般発売は3月26日。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞