天気予報

32

25

みん経トピックス

バスケ「渋谷ダービー」渋谷に米バッグ限定店

サンロッカーズ渋谷、アルバルク東京が「渋谷ダービー」 接戦に4600人熱狂

  • 0
サンロッカーズ渋谷、アルバルク東京が「渋谷ダービー」 接戦に4600人熱狂

しのぎを削ったサンロッカーズ渋谷(黄のユニホーム)とアルバルク東京(白のユニホーム)

写真を拡大 地図を拡大

 青山学院記念館(渋谷区渋谷4)で3月19日、男子プロバスケ「Bリーグ」のサンロッカーズ渋谷(SR渋谷)とアルバルク東京(A東京)の試合が行われた。

劇的勝利を喜ぶA東京の選手たち

 今節は共に渋谷区をホームタウンとする「渋谷ダービー」となり、18日に続く対戦となったこの日は、昨日を上回る4662人が来場。

 序盤からアグレッシブなプレーを見せ、流れをつかんだのはSR渋谷。広瀬健太選手が3ポイント(P)や、スチール(相手の攻撃中にボールを奪う)からのレイアップなど8得点を挙げチームを引っ張ると、ディフェンスではプレッシャーをかけて堅守を見せる。第2クオーター(Q)はA東京がエース田中大貴選手の3連続3Pなどで逆転に成功するも、ドライブ(ドリブルでディフェンスを抜くプレー)で切り込む広瀬選手や伊藤駿(たかし)選手へのファールからのフリースロー、ロバート・サクレ選手などに連続得点を許し、点差が広がる。

 第3QはA東京が、ジェフ・エアーズ選手、松井啓十郎選手、正中岳城(しょうなか・たけき)選手の3Pで再び逆転するも、残り7秒にオフェンスリバウンドからサクレ選手がジャンプシュートを決め、SR渋谷がリードを守る。劇的な幕引きが待ち構えていた最終Qは、一進一退の攻防となり残り17秒で同点。ボールを保持したギャレット選手に付いていたアキ・チェンバース選手へのピック(スクリーン)で、ディフェンスをスイッチ(変え)させてから放ったアウトサイドのシュートがブザービーターとなった。勝利が決まった瞬間、A東京の選手たちはベンチから飛び出してギャレット選手の元に駆け寄り喜びを爆発させた。

 BTテーブスヘッドコーチ(HC)は「心が痛い敗戦。エナジーを持って最後まで良いディフェンスをしてくれたが勝つためには一歩足りなかった」と肩を落とす。最後のプレーについては「サクレの上から決めたギャレット選手はさすが。良い選手」とたたえた。一方で広瀬選手は「最後のプレーがフォーカスされているが、そういう展開になってしまったところ(が反省点)」と振り返る。

 この日は「それぞれがマークマンに対してプレッシャーディフェンスを強化したところが良かったのでは」と分析し、マッチアップしたギャレット選手対しては「ボールを運んでいる段階からプレッシャーをかけて1つのパスを遅らせることを意識したのが、良い流れにつなげることができたのでは」と話す。リーグの中で1試合の平均スチール数がトップの広瀬選手は、この日も2本のスチールを見せている。「ギャンブルにならないように駆け引きをして、狙えるときは狙っている。今日はプレッシャーをかけることでミスを誘えた」という。2日共に4000人を超える満員の会場は「プレーしていてアドレナリンが出たし、モチベーションも上がった。勝てれば最高だったが、今日は選手の熱が伝わる試合ができたのでは」とも。

 プレーオフのワイルドカード争いに加わっているSR渋谷。来週は同地区2位に付けている三遠ネオフェニックスとの連戦を控えている。「厳しい立場にいるのは分かっている。チーム力が上がってきている手応えはあるので、目の前の試合を勝ち切ることが大事」と気持ちを引き締めると、伊藤選手も「(三遠に)必ず2勝して中地区2位を狙っていきたい」と意気込んだ。

 勝利を引き寄せたギャレット選手は「最後は自信をもってシュートを打つことができた。リングに沈んでくれてよかった」と興奮気味に話した。昨シーズンまでSR渋谷に在籍していた竹内譲次選手は「最後の交流戦に、前に所属していたチームのホームで、パット(=SR渋谷アリーナアナウンサーのパトリック・ユウ)さんにアウェーとしてコールされるとは思わなかった」としみじみ。「個人として特別な気持ちはあった。アイラとは練習でマッチアップしていたので、『プレーが読まれているのでは』という思いもあった」という。 

 今節の結果、SR渋谷は22勝23敗、A東京は35勝10敗となった。次のホーム戦は、SR渋谷=4月8日・9日の横浜ビー・コルセアーズ戦、A東京=今月25日・26日の秋田ノーザンハピネッツ戦。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

原宿・キャットストリートに「KEEN」限定店。2本の紐とソールを編み込む作業をするロボット「UNEEKBOT」
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング