3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

「ファッション・ウィーク東京」に44ブランド 渋谷ヒカリエなどで3月開催へ

前回開催時の「YOSHIKIMONO」のショーより

前回開催時の「YOSHIKIMONO」のショーより

  • 0

  •  

 渋谷ヒカリエ(渋谷区渋谷2)と表参道ヒルズ(神宮前4)をメイン会場に3月開催予定のファッションイベント「Amazon Fashion Week TOKYO 2017 A/W」の参加ブランドが1月17日、発表された。主催は日本ファッション・ウィーク推進機構(渋谷3)。

 今シーズンで13年目(24回目)を迎える同イベントは、2005年に日本のファッション・ビジネスの国際競争力強化を図る目的で始まった「東京発 日本ファッション・ウィーク」が前身。毎年3月と10月の2回開催で、国内外のファッションブランドの新作コレクションショーを中心に、ファッションイベントを展開している。昨年10月の前回開催時からアマゾン・ジャパン(目黒区)がメイン・スポンサーを務めている。

[広告]

 同日現在の参加ブランド数は、初参加12ブランド、検討中を含めて44ブランド。「1piu1uguale3(ウノ ピュ ウノ ウグァーレ トレ)」(デザイナー小澤智弘さん)、「junhashimoto」(橋本淳さん)、「matohu」(堀畑裕之さん・関口真希子さん)など広域渋谷圏に店舗を構えるブランドや、前回のファッション・ウィーク東京でランウェーデビューを果たしたユニセックス「モードストリート」ブランド「ACUOD by CHANU(アクオド バイ チャヌ)」(李燦雨さん)、プリント技術に特化したテキスタイルにこだわりを持つトルコ発ファッションブランド「BOO PALA(ブー パラ)」(ブー・パラさん)など。

 そのほか、バレエと音楽、都市の空気をインスピレーション源にしたコレクションを展開する「Chika Kisada」(幾左田千佳さん)、「違和感のある日常着」をコンセプトにトータルアイテムを展開する「doublet」(井野将之さん)など、世界で活躍するファッションデザイナーの輩出を図るプロジェクト「東京ファッションアワード2017」に選ばれたブランドや、経済産業省が東南アジアのファッションデザイナー(研修生)を招へいし、日本のアパレル・ファッション産業について学ぶ機会を提供している技術研修プログラム「Asian Fashion Meets TOKYO」(今回はインドネシア・タイ・ベトナム)などが初参加となる。

 開催期間は3月20日~25日。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞