食べる

青山ラ・ポルトに「エル カフェ」旗艦店 初のデリ、レストランも併設

店舗外観

店舗外観

  • 0

  •  

 青山通り沿いの商業施設「ラ・ポルト青山」(渋谷区神宮前5)1階・2階に11月11日、「ELLE cafe Aoyama(エル カフェ青山店)」(TEL 03-6451-1996)がグランドオープンした。経営はアンディート(広尾1)。

ベーカリーデリとカフェで提供するフード類

[広告]

 仏発女性ファッション誌「ELLE」のライセンスブランドとして2011年、博多に1号店をオープン(現在は閉店)した同店。旗艦店となる青山店は、ベーカリーデリ、カフェ、レストランを併設する。コアターゲットは35歳~55歳の女性。

 店舗面積は1階・2階を合わせて約297平方メートルで、席数は88席。仏インテリアデザイナーのサラ・ラヴォワンヌさんをクリエーティブディレクターに起用した同店は、「ナチュラル&ラグジュアリー」をコンセプトにデザイン。白を基調にした空間に天然木や大理石を使った家具などを配置。2階はグリーンなどを多めに配し「より上質な空間」に仕上げた。フロア構成は、1階=テークアウトのベーカリーデリとオープンテラス席も用意するカフェ、2階=個室も備えるレストラン。

 「モダンウェルネス」をストアコンセプトに「ヘルシーグルメ」を提供する同店。エグゼクティブゲストシェフには、オバマ大統領一家に料理を振る舞った経験を持つ米メリッサ・キングさんを起用した。料理には、契約農家から届く平飼い卵やオーガニック製法で遺伝子組み換え無しの季節野菜、放牧牛などを使い、グルテンフリー、ベジタリアン、ビーガンなどの食習慣にも対応する。

 デリカフェでは、量り売りもする常時9種類用意するデリや、小麦粉・白砂糖不使用、平飼い卵で作るエッグカスタード(300円)などのペイストリー、ベリー系・スーパーフード、ナッツ系などトッピング(3種類280円)も用意する低糖質ココナツミルクヨーグルト「コヨ」やギリシャヨーグルト(500円)などを販売。客単価は1,500円ほど。

 カフェでは、アボカドや紅心大根、スプラウト、キヌア、フムスなどを包む「オーガニックケールラップ」、玄米やキヌア、カボチャ、ブロッコリー豆腐など白米不使用の「マクロボウル」(以上1,200円)、カフェイン約97%カットのコーヒー(600円)、コールドプレスジュース(900円~)などをラインアップする。客単価は、ランチ=1,500円、ディナー=3,500円ほど。2階のレストランでは、キングさんによるプリフィックスランチコース(2,800円)などを提供する。価格は全て税別。

 小倉直樹社長は「健康への気づきや美意識向上など、豊かに思えるライフスタイルを発信していきたい。ストーリーのある食材を使っているので生産者の思いなども考えて食べるともっとおいしくなるのでは」と呼び掛ける。

 営業時間は、ベーカリーデリ=8時~21時、カフェ=8時~23時、レストラン=11時~15時、17時~23時(ディナーは紹介制)。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース