渋谷で鹿児島発「おはら祭り」 2500人が踊りパレード、物産展も

文化村通りなどを踊り手たちが練り歩く(写真は昨年開催時の様子)

文化村通りなどを踊り手たちが練り歩く(写真は昨年開催時の様子)

  •  
  •  

 道玄坂や文化村通りなど渋谷エリアで6月12日、「第19回 渋谷・鹿児島おはら祭」が開催される。

 「おはら祭り」は1949(昭和24)年、鹿児島県鹿児島市施行60周年を記念して始まった祭りで、毎年11月に踊り手たちが民謡に合わせ踊りながら市内の目抜き通りを練り歩くもの。

[広告]

 「渋谷・鹿児島おはら祭」は、小倉基・元渋谷区長が鹿児島県出身だったことをきっかけに1998年に初開催。渋谷と鹿児島は、鹿児島出身の連合艦隊司令官・東郷平八郎を祭る東郷神社が渋谷に建立されているほか、初代・ハチ公像を作った彫刻家・安藤照が鹿児島出身であるなどゆかりがある。

 今年は「踊り連」64組、計約2500人の踊り手が参加し、道玄坂や文化村通りで「おはら節」「ハンヤ節」「渋谷音頭」の3曲に合わせて「踊りパレード」を行う。渋谷の子どもたちで結成された「渋谷舞祭」も参加するほか、来場者が自由に参加できる「飛び入り連」も用意。和太鼓演奏などのアトラクションも行う。

 開催に併せて11日・12日には東急本店(渋谷区道玄坂2)前で、さつま揚げや焼酎、かるかんなど鹿児島の特産品を扱う「さつまの物産展」を展開。同所とハチ公前広場では、渋谷と鹿児島の観光案内も行う。11日には、かごしま親善大使や鹿児島市薩摩観光維新隊も来場予定。

 踊りパレードは11時50分~15時。小雨決行。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞