買う

西武渋谷店、8年ぶりにリニューアル 2020年以降に建て替え計画も

人の動きや気象情報などを映像と音に変換して演出するエントランス

人の動きや気象情報などを映像と音に変換して演出するエントランス

  •  
  •  

 西武渋谷店(渋谷区宇田川町)が8月21日、リニューアルオープンした。

「遊園地」をコンセプトに佐藤オオキさんが手掛けたA館3階

 1968(昭和48)年に開業した同店。1986(昭和61)年には公園通り沿いにSEED館を、翌年にはロフト館をオープン。1999年にSEED館を現在のモヴィーダ館に改装し、渋谷エリアは5館体制で運営している。

[広告]

 2007年以来8年ぶりの大規模な改装となる今回。同店を展開するそごう・西武(千代田区)は2020年以降に同店を「新しい商業施設」に建て替える計画で、その再開発に向けたステップとして「アート&デザイン」をテーマにストアメッセージ「Art meets Life」の先鋭化を図る。全体的に空間は「くつろぎ」を意識し、商品は「上質で高感度な」ブランドに注力した。

 A館1階の入り口はドイツの現代アーティスト、カールステン・ニコライさんが映像と音で演出。白を基調にした同所の柱4本(高さ2.8~3.3メートル)には、全面にLEDビジョンを設置。カメラ3台で捉えるエントランス周辺を往来する人たちの動きや、オンラインで取得する気象情報、日付などを色に変換した横じまのアート作品を上映する。色は、暖かい季節には暖色、寒い季節には暖色を採用し、約20色のグラデーションを複数組み合わせている。加えて、上映している色(8トーン)に基づいて音が流れるようにした。

 渋谷駅前のスクランブル交差点にもほど近いことから、「雑踏とぶつからないように、音量を抑えるなどクリーンで穏やかに仕上げた」と話すニコライさん。「にぎやかな(渋谷の)中でミニマリズムなものを楽しんでいただければ」とも。稼働時間は9時30分~23時。

 A館3階では、デザイナー佐藤オオキさん(nendo)とコラボ。佐藤さんは、連絡通路でつながるB館3階の自主編集売り場「コンポラックス」を、ヨーロッパの公園をコンセプトにデザインしたことから、その公園に「隣接した遊園地」をコンセプトに掲げた。明るめの緑みの青色を多用し、売り場には切り取ったスチールでサーカステントやメリーゴーラウンドなどのような空間を作り、什器は車輪やシルクハットなどを装飾。玉乗りのボールのようなスツールを置くなどしている。「テンションが高くなるようなフロア」(佐藤さん)を目指した。

 同フロアは、30代の女性をコアターゲットにスタイリングの「鍵」になる商品をセレクトする自主編集売り場「キートゥースタイル」で、コンテンポラリーファッションや次世代デザイナーズなど52ブランドを集積。森永邦彦さんが手掛ける「アンリアレイジ」、109系ブランド「マウジー」を立ち上げたことで知られる森本容子さんの新デニムブランド「バンカー」、NY発「パブリックスクール」、「フッドバイエアー」などを新規導入した。

 40代以上をコアターゲットに据える5階には建築家・永山祐子さんを起用。婦人服を展開するA館は「宮殿」をコンセプトに、リングメッシュで区切った売り場やシャンデリアをイメージした照明などを装飾。日本のドレスブランド「マローブ」、「ミカコ ナカムラ」、伊ニットブランド「ロレーナ アントニアッツィ」などを新規導入し、高価格商品をこれまでの10万円台から20万円台に引き上げた。

 紳士服を展開するB館は「博物館」をコンセプトに、木目を基調に落ち着いたトーンの照明とマテリアルで「クラシカルな印象」に統一。商品は、「カジュアルスタイル」「ホビースタイル」「ビジネスパーツ」など5つの編集テーマでセレクトし、パリ発「カバリエ・ブルー」、バイクや車などモーターファッションを提案する「モトーリモーダ」などを新規導入。男性の書斎をイメージした雑貨売り場「キュリオシュタット」では、筆記具や腕時計、剥製、標本など幅広い商品をそろえる。

 駅周辺を中心とした渋谷は再開発が進んでおり、現在「20のプロジェクトが進行し、30数本のビルが建つ予定」(篁(たかむら)富夫店長)。その中で、「感度の高い大人に驚きを提供するため、現状路線を強化しつつ個性も大事。斬新であることは間違いない」と自信を見せる。

 営業時間は10時~21時(日曜・祝日は20時まで)。今回の改装に関わる投資額は約20億円。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞