文化センター

これからの働き方を考える
~今注目されるクラウドソーシングとは?~
7月24日(水)19:30~ @渋谷ヒカリエ8階「8/」コート

  •  
  •  

このイベントの募集は終了しました。

シブヤ経済新聞では、読者の皆さまと直接コミュニケーションが図れるリアルな場として、「渋谷ヒカリエ」を拠点にシリーズイベント「シブヤ経済新聞文化センター」を定期的に開催しています。

今回のテーマは「クラウドソーシング」。企業と働きたい個人をインターネット上でつなぐ新しいサービスの一つで、「新しい働き方」を提供するトレンドとして高い注目を集めています。企業はクラウドソーシングを通じて直接会うことなく仕事を発注し、クリエーター側も地方や海外に住んでいながらも、その仕事を受注することが可能となります。特にクラウドソーシング市場は震災以降に急速に成長を遂げ、現在、その利用者は国内に40万人。さらに今後、その市場は飛躍的に拡大するだろうと予測されています。

2025年の未来の仕事を生々しく予見した「ワークシフト」(リンダ・グラットン著)がベストセーラーとなりましたが、その中でも未来を形づくるテクノロジーの要因の一つとして、「地球上の至る所で『クラウド』を利用できるようになる」ことが挙げられています。仕事のフィールドはもはや国内のみならず、世界と個人が簡単に結びつく時代がやってきています。

そこで今回は「クラウドソーシング」をテーマに、従来の「会社で働く」という概念を大きく変える新しいワークスタイルのあり方について考えてみたいと思います。ゲストスピーカーには、6月に鎌倉から渋谷に本社を移したばかりで、クラウドソーシングのリーディングカンパニーであるランサーズ社長の秋好陽介さんを迎え、クラウドソーシングの仕組みから未来の働き方に至るまで、じっくりとお話をうかがいます。

イベント冒頭では、シブヤ経済新聞の最近のニュースを西編集長が紹介する「シブ経アップデート」コーナーもあります。会社帰りに、学校帰りに、気軽にお立ち寄りください!

◎出演:
<ゲストスピーカー>
ランサーズ株式会社/代表取締役・秋好陽介さん
http://www.lancers.jp/
*シブヤ経済新聞記事-クラウドソーシングの「ランサーズ」、鎌倉から渋谷へ本社移転
http://www.shibukei.com/headline/9381/

<進行>
シブヤ経済新聞・西樹編集長

<ゲストプロフィール>
秋好陽介(あきよし・ようすけ)
1981年生まれ。大阪府出身。2005年、ニフティ株式会社に入社し、プロデューサーとしてホームページなどの企画・運営を担当。2008年、株式会社リート(現ランサーズ株式会社)を設立した。「時間と場所にとらわれない新しい働き方の創出」を経営理念として、国内最大手のクラウドソーシングサービス「Lancers(ランサーズ)」を運営。2013年6月、鎌倉から渋谷へ本社を移転した。

開催概要

開催日時 2013年7月24日(水)19時30分~21時15分 ※開場は19時00分
会場 「渋谷ヒカリエ」クリエイティブスペース「8/」コート
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8階
参加費 無料
定員 70人
受付期限 2013年7月24日(水)19時00分
主催 シブヤ経済新聞
協力 渋谷ヒカリエ「8/」
  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
SmartNews Awards 2019