文化センター

green drinks Shibuya 「自分に合った家族のカタチを考える」

  •  
  •  

【今月のテーマは、「自分に合った家族のカタチを考える」】

あなたにとって「家族」とは、どんなものですか? 家族といえば、婚姻制度のもとに、両親がいて、夫妻がいて、子供がいて、というのが「一般的」という認識があるかもしれません。しかし現在、多様な価値観が受け入れられる社会になりつつある中、人の数だけ家族のカタチがあってもよいはず。近年は、同性パートナーシップ、LGBT家族、夫婦別姓のための事実婚、シェアハウスで子育てする家族など、家族のカタチは多様になってきています。もしかすると、あなたにも、あなたらしい家族のカタチがあるかもしれません。ゲストのお話や参加者との対話を通じて、自分がどういう家族の在り方を望んでいるのか、自分にはどんな家族のカタチが合っているのかついて考えてみませんか?

【今月のゲスト】

◆最も法律婚に近い事実婚をされた編集者兼ジャーナリストでありTOKYObeta代表の江口晋太朗さん。

◆渋谷キャストのレジデンス「Cift」で、夫+40人と暮らし、働くという”拡張家族”を実践する平本沙織さん。

◆子育てするLGBTの支援を行う「にじいろかぞく」代表であり、自身も同性パートナーと実子・継子の5人家族で暮らしている小野春さん。

【green drinks Shibuyaとは?】

green drinks Shibuyaは「これからのシブヤ」をテーマに、ほぼ毎月第三木曜日に開催している飲み会イベントです。大きく変わりゆくこの街の中で、渋谷にまつわる多様な人が集まり、「これからのシブヤ」について考えたり、アイデアを出し合う機会があったら、何か新しいコトが生まれそうではありませんか?現在の仕事や肩書に囚われず、渋谷に関わる一個人としてトークや交流が生まれる場になることを目指しています。毎回、冒頭では最近の渋谷のディープなニュースをシブヤ経済新聞の編集長の西樹さんが紹介するコーナーもあります。ぜひ、みんなで一緒に「これからのシブヤ」をテーマにお酒でも飲みながら話しませんか。

【司会】

◆植原正太郎
NPO法人グリーンズ/greenz.jp コミュニティエディター。88年、仙台生まれ。大学卒業後、WEBマーケティング会社を経て、2014年10月よりグリーンズにスタッフとして参画。「greenz.jp」の寄付読者制度「greenz people」を担当し、日本初の寄付型メディアづくりに挑戦中!ライフワークとして、東京の武蔵小山で「風邪で倒れた時にお粥を届けあう」助け合いの地域コミュニティづくりに励む。

開催概要

開催日時 2月21日(水)19:00~21:30
会場 cafe 1886 at Bosch
渋谷区渋谷3-6-7
参加費 一般2,000円(1ドリンク、食事付き)他
定員 60人
受付期限 2019年2月21日(木)18時00分
主催 NPO法人グリーンズ/ボッシュ株式会社
共催 (パートナー)シブヤ経済新聞
  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞