文化センター

green drinks Shibuya 「ナイトタイムエコノミー」を考える(ゲスト:澤田伸さん、Zeebraさん、中川悠介さん)

  •  

【今月のテーマは「ナイトタイムエコノミー」を考える】

「夜の渋谷」と聞くとどんなイメージを思い浮かべますか?酔っ払い、人混み、騒音、汚いなどネガティブな印象もあるかもしれません。しかし、それも渋谷の一面であり、そこから新たなカルチャーが生まれ続け、経済にも大きな影響を与えています。海外では、あらためて夜の街の価値を見直す動きが出てきています。ニューヨークでは、ナイトクラブやライブ会場が急速に閉鎖に追い込まれている事態を受け2017年8月にニューヨーク市議会がナイトライフ局を設置しました。また、夜の文化・経済を促進するナイト・メイヤー(夜の市長)が欧州各地で誕生しており、22の国と地域のナイトメイヤーが参加する国際規模のカンファレンスがベルリンで開催されています。ナイトカルチャーが盛んなニューヨークやベルリンに肩を並べるくらい渋谷も高いポテンシャルをもっているはずです。渋谷のナイトタイムエコノミーの可能性について探っていきましょう!


【今月のゲスト】

渋谷の人々の多様性をエネルギーに変える渋谷区の基本構想「ちがいを ちからに 変える街」に取り組む渋谷区副区長の澤田伸さん。東京を代表するヒップホップ・アクティビストであり、『クラブとクラブカルチャーを守る会』の会長や『渋谷区観光大使ナイトアンバサダー』も務め、国際会議にも参加するZeebraさん。原宿を拠点とする青文字系カルチャーの生みの親であり、きゃりーぱみゅぱみゅを中田ヤスタカ氏とともに世に送り出したアソビシステム代表の中川悠介さんがゲストです!

【司会】

◆植原正太郎
NPO法人グリーンズ/greenz.jp コミュニティエディター。88年、仙台生まれ。大学卒業後、WEBマーケティング会社を経て、2014年10月よりグリーンズにスタッフとして参画。「greenz.jp」の寄付読者制度「greenz people」を担当し、日本初の寄付型メディアづくりに挑戦中!ライフワークとして、東京の武蔵小山で「風邪で倒れた時にお粥を届けあう」助け合いの地域コミュニティづくりに励む。

開催概要

開催日時 9月9日(日)19:00~21:30
会場 cafe 1886 at Bosch
渋谷区渋谷3-6-7
参加費 一般2,000円(1ドリンク、食事付き)他
定員 60人
受付期限 2018年9月09日(日)18時00分
主催 NPO法人グリーンズ/ボッシュ株式会社
共催 (パートナー)シブヤ経済新聞
超!シブヤ経済新聞