フォトフラッシュ

インサイドへのアタックから得点を挙げた田中大貴選手(アルバルク東京)=バスケットボール男子日本代表vsベルギー代表

バスケットボール男子日本代表が7月9日、ベルギー代表と強化試合を行い70-73で惜敗した。スタートから出場した田中選手は積極的にインサイドへアタックし、得点やアシストを狙う。15点を追う第2クオーター(Q)終盤には、ドリブルでディフェンスをかわしレイアップシュートを決めると、直後のオフェンスでも自らアタックしバスケットカウント(得点に加えフリースロー)を得る。第3Qの最後の攻撃では、空いたゴール下に飛び込みブザービーターとなる得点も挙げた。ベルギーの中心選手とのマッチアップでは互いに譲らない激しい攻防を見せた。©JBA

  • 0

  •  

東京オリンピック(五輪)男子バスケットボール日本代表に内定したアルバルク東京の田中大貴選手が7月6日、オンライン取材に応じ「母国開催の五輪の舞台に立てるのは光栄」と喜びを表現した。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース