買う

西武渋谷店モヴィーダ館に「無印」大型店出店へ-ロフト新業態も

「無印良品」大型店と「ロフト」新業態が出店を控える西武渋谷店モヴィーダ館の外観

「無印良品」大型店と「ロフト」新業態が出店を控える西武渋谷店モヴィーダ館の外観

  •  
  •  

 西武渋谷店モヴィーダ館(渋谷区宇田川町)に11月下旬、「無印良品」の大型店がオープンする。経営は良品計画(豊島区)。

モヴィーダ館の1階エントランス付近

 同店パーキング館地下1階に出店する「無印良品渋谷西武」を移転リニューアルするもの。今年4月まで、米ニューヨーク発のセレクトショップ「OPENING CEREMONY」(2009年8月~)が営業していた同館。地下1階~5階の6フロアに同ブランドが出店。売り場面積は現在の3倍以上となる計600坪で、2階に「Cafe & Meal MUJI」(71坪)を併設する。

[広告]

 渋谷エリアは1983(昭和58)年に同ブランド初の単独路面店「無印良品青山」(現在のFOUND MUJI青山=神宮前5)をオープンした地でありながら大型店が無かった。都内では有楽町店に次ぐ売り場面積で、同ブランドの「モノ」と「コト」を総合的に提案する店舗となる。

 新店舗では、住空間商品・オーダー対応商品を充実させ家具展示を拡大。子ども服の品ぞろえを拡充するとともに、子どもの遊び場として「木育広場」を用意する。「シンプルさと実用性との調和」という同ブランドの思想を服作りに反映させた「MUJI LABO」や都心限定商品などを扱い、「都内最大級」の衣類・雑貨の品ぞろえを行うという。

 さらに、文具用スタンプ、布製品へのプリントや刺しゅうサービス、香りを48種から選ぶエッセンシャルオイルなどを用意し、カスタマイズサービスの充実を図る。インテリアアドバイザーに加え、同ブランド初となるファッションアドバイザーが常駐し、コーディネート相談にも対応する。

 6階・7階にはロフトの新業態が出店。店舗面積は約200坪。6階では「ナチュライフ」をテーマに、アウトドアとライフスタイルを掛け合わせた商品を提案。7階には、1,000円以下の「低価格帯でありながらデザイン性の高い」商品をそろえるコーナーを設ける。さらに、世界中のクリエーターや企業とコラボレーションした商品も扱う。新業態であることから店名も変える予定。

 営業時間は10時~21時。現在の「無印良品渋谷西武」は10月7日からリニューアルに向け休業している。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ

超!シブヤ経済新聞