見る・遊ぶ

西武渋谷店で消しゴムはんこ版画展「べつばら」-食べ物題材に50点

レーズンサンドやアジフライ、とん汁などをデザインした作品が並ぶ。写真はイメージ

レーズンサンドやアジフライ、とん汁などをデザインした作品が並ぶ。写真はイメージ

  •  
  •  

 西武渋谷店(渋谷区宇田川町)A館7階「サンイデー渋谷」内ウイークリーショップ(TEL 03-3462-3324)で1月24日、消しゴムはんこイラストレーター・とみこはんさんの版画展「べつばら」が始まった。

 「とみこのはんこ」を略して「とみこはん」。消しゴムはんこでイラストを描いており、食べ物と人物をモチーフにした消しゴムはんこを得意とする。雑誌・書籍のイラストからロゴデザインまで幅広く手掛けている。雑誌「Hanako」(マガジンハウス)とのタイアップ企画「Hanako スイーツフェスティバル」に合わせて開催する同展では、食べ物を題材に「おやつの楽しみや匂いが伝わるような」作品を中心に展示する。

[広告]

 展示するのは消しゴムはんこの版画50点。レーズンサンドをデザインした「ぜいたくおやつ」、アジフライ、切ったカステラを並べた「カステラの行進」、とん汁に七味味唐辛子をかける様子を表した作品など。作品プリントしたポストカード(157円)、手拭い、カレンダーなどを販売する。

 期間中、消しゴムはんこのワークショップも開く。開催日は今月24日(18時30分~20時30分)、28日(17時~19時)、2月5日(13時30分~15時30分)。参加費は1,890円。定員は6人で、対象は小学5年生以上。

 とみこはんさんは「『べつばら』という展示タイトル通り、見た人のおなかが鳴るような、匂いのするような展示を目指している。食べることは生きることなので、きっと一人ひとりに食べ物の思い出があると思う。当展ではさまざまな食べ物のはんこ版画を展示するので、お好みのメニューを見つけていただければ」と話す。

 営業時間は10時~21時(日曜・祝日は20時まで)。入場無料。2月6日まで。

  • はてなブックマークに追加