見る・遊ぶ

原宿・Kスタで映画「『コクリコ坂から』の世界展」-劇中カットなど

館内には劇中で使用されたカットや初期イメージなどのアートワーク14点などを展示

館内には劇中で使用されたカットや初期イメージなどのアートワーク14点などを展示

  •  
  •  

 原宿「KDDI デザイニングスタジオ」(渋谷区神宮前4、TEL 0077-7067)で現在、「『コクリコ坂から』の世界展」が開催されている。

 7月16日から全国公開されているスタジオジブリの最新映画「コクリコ坂から」。東京オリンピックが開催された1964(昭和39)年前後の横浜を舞台に、古いものは壊し新しいものを取り入れようとする時代の中、とある高校で小さな紛争が起きていた。その紛争の最中に出会った高校生の少女「海」と少年「俊」の恋の行方を描く。

[広告]

 同作公開に併せ同館では、劇中で使用されたカットや初期イメージなどのアートワーク14点を展示するほか、鈴木敏夫プロデューサー直筆のメッセージも紹介。同作の時代設定となっている1960年代の横浜の風景写真、現・表参道ヒルズの「同潤会青山アパート」や原宿駅、オリンピック選手村など同時代の原宿周辺の写真もディスプレーする。

 開館時間は10時~20時。今月31日まで。同館は9月3日~29日、リニューアルのため一時休館することを発表している。

  • はてなブックマークに追加