食べる

渋谷に肉料理ファストフード「バクテキ」-レインズインターが新業態2号店

「お肉だヨ!バクテキ渋谷1st店」(写真=店内)ではステーキやハンバーグなど肉料理を「低価格」で提供する

「お肉だヨ!バクテキ渋谷1st店」(写真=店内)ではステーキやハンバーグなど肉料理を「低価格」で提供する

  • 0

  •  

 レインズインターナショナル(港区)は12月1日、渋谷・桜丘町に肉料理のファストフード業態「お肉だヨ!全員集合 バクテキ渋谷1st店」(渋谷区桜丘町、TEL 03-5456-0029)をオープンした。

[広告]

 「しゃぶしゃぶ 温野菜」「炭火焼肉酒家 牛角」などを手がける同社が今年9月、笹塚に1号店をオープンした新業態。ビフテキやハンバーグなど肉を使った料理を「日常的に気軽に利用できる」業態として、米国産黒毛牛・ブラックアンガス種のみを使った料理を「低価格」で提供する。

 店名は同社西山知義社長個人アカウントのツイッターで公募。400件の応募の中からそれぞれ、「全員で集まって楽しくわいわい食べてほしい」という意味が込められた「お肉だヨ!全員集合」と、「爆発的にうまい」「爆発的に安い」という意味が込められた「バクテキ」を選んだという。

 店舗面積は28坪。席数はテーブルとカウンター合わせて41席。木材を基調にした店内は、ターゲット層の「若者」が「毎日使いやすい気軽さと落ち着き感」を演出。壁面に掲げた料理の写真で「ボリューム感と迫力」を表現したという。

 メニューは、赤身のステーキ「バクテキ」(ライス付き、大=990円、並=690円、小=590円)をはじめ、粗くひいた肉をご飯の上にのせ、その上からカレーをかける「ワイルドビーフカレー」(大=690円、並=590円)、希少部位の「ざぶとん」を使った「極みビフカツ」(890円、ライスなしは100円引き)、「オーサムハンバーグ」(1段=690円、2段重ね=1,280円、3段重ね1,870円)など。客単価は820円。

 フランチャイズ(FC)展開を視野に入れブランド開発を行い、今後出店立地やオペレーション、商品などの検討・改善を行い、多店舗化を目指す。「多店舗展開が可能と判断した際には、渋谷駅周辺に数店舗出店できると思う」(同社新業態開発部部長の山本優輔さん)と自信をみせる。

 営業時間は11時~24時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース