神宮前に「ザ・ノース・フェイス」新業態店-都市生活者ターゲットに

「クラフト」「コンクリート」「鉄」の3素材で仕上げた店内。写真=3階フロア

「クラフト」「コンクリート」「鉄」の3素材で仕上げた店内。写真=3階フロア

  • 0

  •  

 渋谷・神宮前の明治通り沿いに4月29日、アウトドアブランド「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」の新業態店「THE NORTH FACE STANDARD」(渋谷区神宮前6、TEL 03-5464-2831)がオープンした。経営はゴールドウイン(松濤2)。

1階・2階部分のウインドーには店内のストックボックスが見える

[広告]

 「STANDARD OF LIVING PACKAGE」をコンセプトにする同店は、「街中でもアウトドアスタイルを楽しむ」ユーザーをターゲットに据える。隣接する「THE NORTH FACE harajuku」と合わせ「アウトドアスタイルの発信地として、コアなクライマーから都会のアウトドアスタイルユーザーまで幅広いターゲットに向け商品を展開する」という。

 同社アウトドアスタイル事業本部プレスチームリーダー・小口大介さんは「アウトドアウエアの持つ汎用性を都市生活の中でも日常化したいという考えを浸透させるためには、世界のファッションエリアである同所が最適と考えた」とし、「同所に出店することで、自然と都会を行き来する生活者が増え、今よりもさらに高いクリエーション力を世界に発信できるのでは」と話す。

 店舗面積は1階~4階を合わせて35坪。1階・2階部分のウインドー内部にはクラフトボックスで作ったストックボックスを全面に配したほか、「クラフト」「コンクリート」「鉄」の3つの素材で内装を仕上げた。

 各フロアで季節ごとにテーマを設定する同店。1階=「シーズンごとのテーマをパッケージングコーディネート提案」、2階=「ファッション性と機能性が両立したアイテムをコーディネート提案」、3階=「アウトドアアクティビティやトラベルに対応した提案」。4階は、ファッションや音楽、アート、デザインなど「ブランドとかかわりの深い人たち」が展示などを行うイベントスペース。

 取扱ブランドは、THE NORTH FACEを中心に米アウトドアブランドMSRなど。商品例は、THE NORTH FACEの防水シェル「CF climb light jacket」(2万5,200円)、ワークシャツ(1万2,600円)、パープルレーベル「GORE-TEX Soutien Collar Coat」(4万7,250円)ほか。秋冬シーズンからはファッションブランドとのコラボレーションアイテムも充実させ、「流行に敏感な原宿に集うユーザーにも満足していただける店作りを目指す」とも。

 オープンから約2週間。「客層は25歳~40歳くらいの感度の高いファッションに興味があるお客さまから、これからアウトドアアクティビティーを始める方まで幅広い。これから梅雨時期に入るということもあり、速乾性のあるシャツやゴアテックス素材を使用した防水ジャケットが人気」と小口さん。

 営業時間は11時~20時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース