兵庫・姫路のたい焼き店が恵比寿東口に東京1号店

恵比寿に兵庫・姫路のたい焼き店「ひいらぎ」(写真=外観)

恵比寿に兵庫・姫路のたい焼き店「ひいらぎ」(写真=外観)

  •  
  •  

 恵比寿の通称「たこ公園」(恵比寿東公園)近くに10月、兵庫・姫路発のたい焼き店「たいやき ひいらぎ」(渋谷区恵比寿1、TEL 03-3473-7050)がオープンした。

 店主の中尾裕二さんは務めていた会社を退職し、2000年に1号店「たい焼き本舗 遊示堂(ゆうじどう)」を開業、2003年には同じ姫路市内に2号店をオープンした。「有名なたい焼き店が多くある中で勝負したい」との思いから東京出店を決めたという。

[広告]

 東京進出にあたり、店名は「和菓子店に合うような響きが気に入った」(中尾さん)という「ひいらぎ」に。恵比寿は当初から店を出したいと思っていた場所だった。店は赤いのれんが目印で、店舗面積=約10坪。イートインはなく、店頭販売のみで営業している。30分以上かけて焼くたい焼きは、パリパリとした食感が特徴。中身は北海道産の小豆で作る自家製餡のみの1種類で勝負している。価格は1個=126円。

 オープン後の主な客層は「周辺オフィスに務めるビジネスマン、OLがほとんど」(中尾さん)という。持ち帰りのたい焼きは「オーブントースターで軽く表面を焼くのがおすすめ」(同)。営業時間は11時~20時。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞