天気予報

3

2

みん経トピックス

円山町の名画座で国内外アニメ特集-34作品を上映

  • 0
円山町の名画座で国内外アニメ特集-34作品を上映

「わんわん忠臣蔵」(1963年、東映)より

写真を拡大

 渋谷区円山町の名画座「シネマヴェーラ渋谷」(TEL 03-3461-7703)では8月12日より、「アニメはアニメである:夏休みは親子でアニメ映画を!」と題し、国内外のアニメ34作品の特集上映を行う。

 企画は、今年1月の開業以来、北野武監督や女優の薬師丸ひろ子さん、小津安二郎監督などの特集上映を行ってきた同館の10回目となる特集。今回は親子での集客を見込み「子供も大人も楽しめる」作品として、初のアニメ特集を行う。

 開館後初の試みとなるモーニングショーでは、ムーミンシリーズで唯一の劇場作品「ムーミン谷の彗星」(1992年)と、ポーランドで制作されたパペットアニメーション版で原作者のトーベ・ヤンソン自身が監修も務めた「ムーミン」(1979年)の2作品を上映。短編作品では、ラトビアの人形アニメ監督、アーノルド・ブロヴスが制作した「最後の一葉」、美しい映像が印象的な約40年前の作品「小舟のチージック」など劇場未公開の海外作品3本が初公開されるほか、童話作家、横山美智子さん原作の物語を政岡憲三監督が演出した「くもとちゅうりっぷ」(1943年)、「鬼」(1972年)など川本喜八郎監督が手掛けた3作品などが上映される。

 そのほかの主な邦画作品は、東映がディズニースタジオに対抗して制作したといわれる娯楽作「わんわん忠臣蔵」(1963年)、週刊少年サンデー誌に連載され人気を集めた同名漫画の劇場版「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」(1984年)、「クレヨンしんちゃん」のシリーズ第5作「暗黒タマタマ大追跡」(1997年)など。上映は日替わり2本立て(入れ替え無し)で、料金は一般=1,400円、シニア・会員=1,000円ほか(レイト、モーニングショーのみは一般=1,200円)。

 同12日には記念トークイベントとして、期間中レイトショー上映されるCGコメディ作品「The World of GOLDEN EGGS」でボイスキャラクターを務めるMr.LARRYさんとMONICAさんが参加し、ポッドキャスティング番組「LARRY'S SHOW」の公開録音が行われる。特集上映は9月1日まで。(写真=「わんわん忠臣蔵」より)

シネマヴェーラ渋谷

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

代官山「SPRING VALLEY BREWERY TOKYO」が航空会社「スターフライヤー」とコラボ。期間中は黒いビールやフードなどを提供
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング