暮らす・働く

JR山手線・渋谷駅にAI接客システム「AIさくらさん」 インバウンド対応など

同時翻訳画面のイメージ

同時翻訳画面のイメージ

  • 20

  •  

 JR山手線・渋谷駅に現在、AI(人工知能)接客システム「AIさくらさん」が導入されている。

[広告]

 AIさくらさんは、ティファナ・ドットコム(目黒区)が提供するクラウドAIサービス。JR東日本グループが2018(平成30)年から実施している「案内AIみんなで育てようプロジェクト」の実証実験に参加し、沿線の駅に導入されてきた。

 今回、インバウンド客への対応や遠隔からの非対面での接客などのサービス拡大を図るため渋谷駅にも導入された。AIさくらさんは改札近辺と改札窓口に設置。駅員に代わり、利用客に駅構内や周辺地域の施設案内・乗り換え情報を案内する。

 駅改札窓口で稼働するAIさくらさんは、駅員が窓口で「よく尋ねられる」質問6つを初期画面上に選択肢として表示する。ICカードの精算など、AIさくらさんでは対応が難しい「込み入った質問」については、駅員が遠隔でビデオ通話を使って案内する。

 インバウンド客への対応ができるよう、ビデオ通話時に同時翻訳ができるようにバージョンアップ。外国語(英語・中国語・韓国語)で話しかけられた場合、駅員が利用する管理者画面上では日本語に翻訳されて表示され、駅員が日本語で話した内容は外国語に同時翻訳されて画面に表示される。外国語以外に日本語字幕を表示することもできるため、耳が不自由な利用者にも分かりやすい案内ができるようになっている。

 12月31日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース