新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は10人

学ぶ・知る

千駄ヶ谷駅近くの「千駄ヶ谷センタービル」建て替え 将棋会館が移転

「千駄ヶ谷センタービル」建設地

「千駄ヶ谷センタービル」建設地

  • 46

  •  

 千駄ヶ谷駅近くの「千駄ヶ谷センタービル」(渋谷区千駄ヶ谷1)の建て替え計画が進められている。

千駄ヶ谷にある日本将棋連盟の本部でもある日本将棋会館

[広告]

 1974(昭和49)年に完工した同ビルは、民間企業の厚生施設及び研修施設として使われてきたが、2019年10月末で閉鎖。ヒューリックが建て替え計画を進めている。

 同ビル1階(約622坪)には、かねて同エリアに設置されている日本将棋会館(千駄ヶ谷2)が移転することが明らかになっていたなか、ヒューリックと公益財団法人日本将棋連盟は、将棋会館を移転することを定めた基本協定を締結し、8月23日に締結式を行った。協定締結を機に、移転に向けた協働を「より一層深める」と同時に、「将棋の街、渋谷」を目指す渋谷区とも連携していくという。

 将棋連盟は、羽生善治九段が委員長を務める藤井聡太二冠ら現タイトル及び永世称号保持者で構成する「創立 100 周年事業・東西将棋会館建設委員会」を発足。将棋会館の移転事業は、100 周年事業の一つとして、同委員会による重点プロジェクトとして推進する。新しい将棋会館は、棋士・女流棋士が使用する対局室などだけでなく、販売ブースや将棋道場などを設置し、将棋文化の発信拠点となるような施設を計画する。

 同ビルの日本将棋連盟創立100周年である2024年の完工を目指している。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース