食べる 学ぶ・知る

渋谷ロフトで「梅干し作り教室」 希少な「完熟梅」使い、3種食べ比べも

バンブーカット竹内順平社長(中央)が講師を務める

バンブーカット竹内順平社長(中央)が講師を務める

  •  
  •  

 渋谷ロフト(渋谷区宇田川町)1階の間坂ステージで現在、「気楽な梅干しづくり教室2018」が開催されている。主催は梅干しに関するイベントなどを展開しているバンブーカット(目黒区)。

梅干しの販売もする会場

 梅干しに関する活動を続ける中、「作り方を知らない人が多い」「難しそうという固定観念がある」ことに気付き、さまざまな生産者や加工者などからヒアリングしてきた作り方をベースに漬け方を教えることで「楽しいんだよ、ということを伝えられたら」(竹内順平社長)と企画。

[広告]

 梅干し作り(約500グラム)には紀州の南高梅を使う。農家から送ってもらう普段スーパーに並ぶことは「ほとんどない」という完熟した梅を選ぶところから、ヘタを取り、4種類をブレンドする国産の塩での塩もみ、瓶に詰めて重石をするところまでを行う。最後には梅干し3種類の食べ比べもしている。体験時間は1時間~1時間30分。参加料は3,780円。定員は各回(1日5回)10人。

 期間中同所では、1粒単位で販売する「ウメボシカルタ」(1粒400円~)や、キムチ梅(918円)やくん製梅(1,566円)など同社が「本当においしいと思った」梅干しを小瓶に詰めたものなどを販売している。

 営業時間は10時~21時。7月18日まで。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞