3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

フードコート「代官山地下グルメ街」 たらこパスタ店、サンドイッチ専門店など4店舗

地階に位置する店舗は白や木目を基調にカジュアルな雰囲気に仕上げた

地階に位置する店舗は白や木目を基調にカジュアルな雰囲気に仕上げた

  • 0

  •  

 代官山駅近くに、フードコート「代官山地下グルメ街」(渋谷区代官山町)がオープンして1カ月が過ぎた。運営は飲食事業や音楽事業を手掛けるカッパドゥエチ(目黒区)。

各店で提供するフード類のイメージ

 1994年~2011年に同所で「cafe58(ゴッパ)」を営業していた同社。その後営業していたカフェ&バー「山羊に、聞く?」が閉店することを聞き「何かをやろう」と検討。エリアにないことから「面白いのでは」とフードコートを選んだという。

[広告]

 フロア面積は約55坪。席数は80席で、うち6席は喫煙可能なテラス席となる。フロア内は白や木目を基調に「カジュアルな空間」に仕上げ、一角の壁面は展示スペースとして貸し出しもする。PA設備なども備えていることから、ミニライブや貸し切りパーティーなどにも対応する。

 出店するのは4店舗。米(白米か玄米)のほか、ブロッコリーや揚げナス、チェリートマト、チーズなどからトッピングを選べるコナカレー(トッピング3種700円~)などを提供する「cafe58」と、たらこパスタ専門店「talatala・taracco(タラタラ・タラッコ)」は同社の店舗。同社の共同社長で、バンド「米米CLUB」のベーシスト兼リーダーの大久保謙作さんが「たらこパスタが好き」であることから出店。バター風味(750円~)やジェノベーゼソース(800円)などさまざまな味を用意する。

 「nemo Sandwich&Cafe」は、武蔵小山に本店を構えるベーカリーカフェのサンドイッチ専門店。経営はアルファクス(品川区)。胚芽入りのパン・ド・ミに生ベーコン・レタス・トマトを挟む「BLTサンド」(550円)、イタリアのパン「チャバッタ」にソーセージや野菜6種類を挟む「ジャイアントBOOサンド」(650円)などのサンドイッチ・ホットサンドをラインアップする。

 初出店となる「tokinoa」は、サンデー(650円)やオリジナルのフローズン風ドリンク「ノア」(550円~)などスイーツ類を提供。各店舗、ほとんどのメニューがテークアウト可能。客単価1,000円以下を想定した価格設定になっている。

 カッパドエチ山崎美明(みはる)社長は「使い勝手、コストパフォーマンスが良い店でありたい。買い物などのついででいいので、気軽に利用いただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~21時。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞