見る・遊ぶ

岡本太郎記念館で「太陽の塔に対峙せよ!」展 公募したアイデア展示

一次審査で選ばれた入選作品が並ぶ場内

一次審査で選ばれた入選作品が並ぶ場内

  •  
  •  

 岡本太郎記念館(港区南青山6、TEL 03-3406-0801)で現在、企画展「太陽の塔に対峙せよ!」が開催されている。

 公募で集まった、岡本太郎の代表作の1つ「太陽の塔」と対峙する建築・空間のアイデアを紹介する同展。アイデアコンペには150点の応募があり、一次審査を経て選ばれた7組の入賞作品を含めた数十作品を展示している。

[広告]

 入選作品は、大坪良樹さん=太陽の塔は植物工場を併設するバイオマス発電所に、万博公園は牧場とする「樹形夢-万博公園牧場化計画-」、宮崎宏康さん=「完璧な」やまびこを発生させることを目的にした空間建築「THE PERFECT ECHO」、山田栞さん=太陽の塔の根元に「過去のモチーフ」となる根を設置し、未来を担う子どもたちの遊具としてデザインすることで現代社会へのアンティーテーゼを表現する「太陽の根っこ」など。最終審査で最優秀賞・特別賞を決める。

 開館時間は10時~18時(入館は30分前まで)。火曜休館(祝日の場合は開館、11月26日は臨時休館)。入館料は、一般=620円、小学生=310円ほか。2016年2月28日まで。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞