食べる

原宿に「カワイイモンスターカフェ」開業迫る 増田セバスチャンさんが飲食店初プロデュース

イメージキャラクター「チョッピー」の口をイメージしたエントランス

イメージキャラクター「チョッピー」の口をイメージしたエントランス

  •  
  •  

 原宿・明治通り沿いの商業施設「YMスクエア」(渋谷区神宮前4)4階に8月1日、コンセプトレストラン「KAWAII MONSTER CAFE(カワイイモンスターカフェ)HARAJUKU」(TEL 03-5413-6142)がオープンする。経営はダイヤモンドダイニング(港区)。

回るメリーゴーラウンドを設置する店内

 同社が現在管理する82ブランド目となる新業態で、アーティストでアートディレクターの増田セバスチャンさんをプロデューサーに起用。増田さん自身、飲食店をプロデュースするのは初めてながら、「原宿の象徴となるようなカフェ」を意識し、「東京の新名所」となることを目指した。コアターゲットは20~30代の女性と外国人旅行客。外国人客には、それぞれの出身国の国旗シールを貼ったカラフルな箸を無料で提供し持ち帰れるようにするなどして「おもてなし」にも力を入れる。

[広告]

 店舗面積は212坪。席数は193席。コンセプトは「モンスターの胃の中」で、同店のキャラクター「Mr. Tenthousand chopsticks(チョッピー)」の口をイメージしたエントランスを通った先に広がる店内には、回るケーキ型のメリーゴーラウンド(高さ4メートル強)をシンボルとして設置。音楽家RAM RIDERさんが書き下ろしたオリジナル楽曲を流す。

 席は異なる4つのゾーンで構成。ほ乳瓶からミルクを飲むウサギなどの頭部のオブジェを天井からつっている「ミルクスタンド」、板チョコの壁や溶けたアイスなどのオブジェを飾る「メルティールーム」、クラゲをイメージしたカウンター席の「バーエクスペリメント」、カラフルで毒々しいキノコや植物のオブジェが天井を覆う「マッシュルームディスコ」。来店客は入店時に好きなゾーンを選べる。

 メニューは、カラフルな麺をカラフルなディップソースに付けて食べる「カラフルレインボーパスタ」(1,404円または1,512円)、全面をカラフルなチーズクリームで覆い、イチゴクリームとスライスしたイチゴを挟んだスポンジケーキ「カラフルポイズンCAKE(ケミカル)」(3,024円)、フライドチキンとワッフルにメープルシロップをかける「ワッフルチキン・ブルックリンwithモンスター」(972円)など。「バーエクスペリメント」限定ドリンクとして、試験管に入れたシャンパンにカプセルに入った砂糖を加えて飲む「デンジャーカクテル(ザ・マッドサイエンティスト)」(1,296円)も用意する。

 8月1日~6日は増田さんのお薦めセット3種のみを提供。パンケーキとドリンクのセット「メルティートピック」、パスタとドリンクのセット「モンスタートピック」(以上2,052円)、パスタ、アイス、ドリンクのセット「オールオアナッシング」(2,646円)。想定客単価は2,500円。

 席に置くメニュー表は、ケーキのオブジェにiPadをはめ込んでいる。特別仕様のメニュー表は「チョッピー」をかたどったものも作った。来店回数に応じてランクアップするポイントカードを導入し、ランクに合わせてピンクの毛並みの大きな猫をディスプレーした個室が利用できるようにするなど、受けられる特典を変える。

 ドットとボーダーを取り入れたスタッフの制服も増田さんがデザイン。来店客を席まで案内する同店のアイコンとなるスタッフ「MONSTER GIRL」の衣装デザインは、ファッションブロガーでジャーナリストのミーシャ・ジャネットさんが担当。「ベイビー」「ドーリー」「クレイジー」など異なるキーワードで、同店のコンセプトを体現している。

 店内にはショップも併設。iPhoneケース(1,404円)、Tシャツ(3,024円)、クリアファイル(378円)など、チョッピーのビジュアルを使ったオリジナルグッズを販売。今後アパレル商品なども展開予定。

 増田さんは「(カワイイ文化を)作り上げてきた僕がやるので、『本物は違う』というのを見てほしいと思った。「『beyond the KAWAII』=誰も見たことがない、『カワイイ』を超えた『カワイイ』、近い未来の東京をこのカフェを通じて提案したい」と話す。「どこからでも写真がフォトジェニックに撮れると思うので、インスタやフェイスブックに上げて世界の皆で共有していただき、世界規模で愛される店になれば」と期待を込める。

 営業時間は11時30分~22時30分(8月1日~4日は18時まで)。ゾーン(席)チャージ=1人500円。90分制。

  • はてなブックマークに追加