買う

表参道にファッションコワーキングスペース-ミシン・アイロンなど完備

フリーアドレスで40席を用意する

フリーアドレスで40席を用意する

  •  
  •  

 神宮前交差点のビル2階に6月3日、ファッションコワーキングスペース「coromoza(コロモザ)」(渋谷区神宮前6、TEL 03-6450-5560)がオープンした。経営はファッションウェブマガジン「coromo」を運営する衣屋(同)。

施設にはミシンやアイロンなどを完備する

 コワーキングスペースが増える中、「実践的に物を作れるスペースは少ない」と感じていた同社社長でクリエーティブディレクターの西田拓志さん。ブランドを立ち上げたい、洋服を作ってみたいが「何から始めれば良いのか分からない」という人たちに、服作りに必要なスペース、道具などを提供するスペースとして開いた。「ファッションの中心地」である同エリアで展開することで、消費(販売)する場所と生産(デザイン)する場所が近く、「新しいムーブメントが起こせ、日本中に広まるのでは」と考えたという。

[広告]

 施設名は、「衣」と同業者組合を意味する「座」を合わせた「衣座」をローマ字表記にしたもので、「ファッションを中心としたなりわいの方々が集まれば」という思いを込めた。面積は40坪。席数はフリーアドレスで40席を用意。「可能性を残すこと」をコンセプトに仕上げた施設内は、壁にスリットを作り、ハンガーをかけたり、木の枠をはめてマガジンラックのように使ったりできるようにした。ネット環境のほか、ミシン、アイロン、CAD、レーザーカッターなどを完備する。

 利用料は、ファッションプラン=月額1万5,750円~3万1,500円(利用期間は3カ月~)、1デー3,675円、ドロップイン1時間1,050円。ミシンやアイロンの利用が有料になるビジネスプラン=同2万1,000円(同1カ月~)、同2,100円、同630円。月額契約者は併設する販売スペースで作ったアイテムなどを販売できる(購入は誰でも可能)。同所ではセミナーやワークショップも開いている。

 オープン後は男女ともに20~30代を中心に利用。自分のブランドを立ち上げようとしている人を中心に、ファッション業界で働く営業職の人、スタイリストなどがいる。西田さんは「ファッションの中心地からファッションの在り方を変えてみたい。そんなデザイナーやファッションをなりわいにしている方が集まれば、もっとファッションが面白くなると思っている。新しいファッションのシーンができることを望んでいる」と話す。「ビジネス的にも新しい取り組みができるのでは」とも。

 営業時間は9時~24時(ビジネスプラン、販売スペースは21時まで)。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞