学ぶ・知る

井の頭線渋谷駅コンコースにデジタルサイネージ-京王線内初

井の頭線渋谷駅改札外のコンコースの柱7本計28面にデジタルサイネージを設置した

井の頭線渋谷駅改札外のコンコースの柱7本計28面にデジタルサイネージを設置した

  • 0

  •  

 井の頭線渋谷駅改札外のコンコースで10月1日、デジタルサイネージ(電子看板)の運用が始まった。

 京王エージェンシー(新宿区)と京王電鉄(多摩市)が共同で設置。京王線内で初のデジタルサイネージ設置となる。同駅はJR線や東急線、東京メトロ線への連絡駅として、乗降人員が1日30万人を越える井の頭線内で一番のターミナル駅であることなどから、サイネージ設置で「訴求力の高い」広告展開が可能になると判断した。

[広告]

 コンコースの柱7本それぞれ4面の計28面に、70インチ・フルハイビジョンLEDバックライト液晶ディスプレーを設置。運営は日立製作所(千代田区)のデジタルサイネージプラットホーム「Mediaspace」を、通信はNTTドコモ(千代田区)のデータ高速通信サービス「Xi(クロッシィ)」をそれぞれ採用した。

 広告上映時間は4時30分~翌1時。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

超!シブヤ経済新聞