小森純さんら、W杯日本代表「必勝祈願」シュート-SHIBUYA109前で

「日本頑張れ!」とコメント後、シュートを放った小森純さん

「日本頑張れ!」とコメント後、シュートを放った小森純さん

  •  
  •  

 SHIBUYA109(渋谷区道玄坂2)前のイベントスペースで6月13日、ワールドカップ(W杯)サッカー日本代表「必勝祈願」企画が行われた。

「革命を起こせ!」とエールを送った4人。左から齋藤由佳さん、藤田美沙さん、小森純さん、小林あかりさん

 14日から始まるW杯日本代表戦へ向け、アディダスジャパン(新宿区)が企画した同イベント。特設ゴールを設置し、女性限定(子どもは男女構わず)でボールをシュートしてもらうもの。当日、ゲストとして「ギャル代表サポーター」のモデル・小森純さんが登場。「日本頑張れ!」とコメントした後、ゴールにシュートを放った。

[広告]

 応援・注目している選手として中村俊輔選手を挙げた小森さんは「すごく応援している。(中村選手が)いるからすごいまとまりのあるチームに見えるし、何かあっても俊輔さんがどうにかしてくれるんじゃないかと思える」と話した。「勝って勢いを付つけてほしい」と初戦のカメルーン戦を「1対0」、「強いと聞いているので」と19日のオランダ戦を「0対1」、「俊輔選手がやってくれるのでは」と25日のデンマーク戦を「3対0」と、各試合の勝敗予想も。

 この日小森さんは、「ラッキーナンバー」だという7を重ねた背番号「77」の日本代表ジャージーにクラッシュデニムを組み合わせ「あえてカジュアルに、(日本代表ジャージーの)青を目立たせた」コーディネートで登場。ほかにも、アディダスが展開するチャリティー企画「UMU」の「親善大使」で、2009年度ミスキャンパスの学習院大学の齋藤由佳さん、立教女学院短期大学の藤田美沙さん、東京薬科大学の小林あかりさんも、小森さんがコーディネートした「応援ファッション」姿で登場。4人で「革命を起こせ!」と日本代表へエールを送った。

 小森さんは「自分たちも選手と同じくらいの気持ちで、革命を起こしたいという前向きな気持ちで、ブラウン管を通してだが応援しているので、(選手たちに)伝われば。わたしも一生懸命応援するので皆さんも応援してください」と呼びかけた。

 この日、中村選手やブラジル代表のカカ選手、韓国代表のパク・ジュヨン選手、フランス代表のヨアン・グルキュフ選手ら各国代表12人を対象にした「イケメン投票」や、2メートルの日本代表ジャージーに応援メッセージを書き込むコーナーも展開された。

 日本代表対カメルーン代表戦は14日23時キックオフ予定。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞