ナイキジャパン、代々木公園にランページとダンスエリアを特設

代々木公園の一角にL字型に設置されたランプ

代々木公園の一角にL字型に設置されたランプ

  •  

 ナイキジャパンは「JUST DO IT. 東京」キャンペーンの一環として8月16日から、代々木公園で「JUST DO IT. 東京 PARK 2007」を期間限定開催している。イベントは、「B-BOY PARK 2007」(8月18日・19日、代々木野外音楽堂)、「原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい2007」(本祭=8月25日・26日)と連携したもの。

 同イベントは、今年4月から始まった「JUST DO IT. 東京」屋外広告キャンペーンに続いて行われるもので、「スケートボードやダンスなどに夢中になり、自分の夢を追いかけている若者たち」(同社)に自ら表現できる場を入場無料で提供する。

[広告]

 会場内は、スケートエリアとダンスエリアで構成される。スケートエリアでは、ランプをL字型に設置し、通常のハーフパイプ上のランプよりさまざまなライディングが楽しめるほか、自由にランプを移動することができるフリースペースも設けた。

 ダンスエリアでは、ダンス用に整えられた床面と鏡のある2つのエリアを用意。平日は、エントリー、ビギナー、ミドルの各レベル向けにダンススクールを開講するほか、会場内のステージを使ってDJタイム(平日のみ)やバトル形式のダンスショー(同25日・26日のみ)を開催する。

 同25日・26日には、大学生と22歳以下の学生(中・高・専門学校生)限定のダンスバトルイベントを開催。優勝者には10万円相当のナイキ製品を贈る。当日9時から先着順で参加を受け付ける。

 開催時間は9時~21時。8月26日まで。

「JUST DO IT. 東京 PARK 2007」特設サイト

超!シブヤ経済新聞