見る・遊ぶ 買う 学ぶ・知る

漫画家・東村アキコさん、表参道でNFTアート展「NEO美人画」

会場には着物姿の「現代の女性」を描いた作品が並ぶ

会場には着物姿の「現代の女性」を描いた作品が並ぶ

  • 337

  •  

 漫画家・東村アキコさんのNFTアート展「NEO美人画 2022」が11月22日、表参道の複合施設「スパイラル」(港区南青山5)1階のスパイラルガーデンで始まる。

東村さん一番の「お気に入り」という「蝙蝠(こうもり)傘」

[広告]

 東村さんは1975(昭和50)年宮崎県生まれ。テレビアニメ・ドラマ、映画化された「海月姫」、テレビドラマ化された「東京タラレバ娘」などで知られる。

 現代アーティストとしての個展となる今回。展示する「NEO美人画」は、現代的な要素を加えた着物姿の女性を描いた作品となる。東村さんは、金沢美術工芸大学で美術科油画を専攻し絵画の手法を学んだこともあり、漫画で女性を描きながら「美人画のような絵画を描いてみたい」と思い続けていたという。2019年、コロナ禍で生まれた「余暇」に、5年前から着物を勉強していることなどから「日本の和の美を伝えられないか」と考え、現代を生きる女性をモチーフにした着物姿の女性を描き始めたという。

 作品数は20点。東村さんのアシスタントや知人などをモデルに、四季それぞれに合わせた着物や帯は実際に存在するものをモチーフにしている。女性は、マスクをしていたりコットンキャンディーを食べていたり、スマートフォンを手にするなどしている。作品それぞれには、帯の名前や東村さん書き下ろしの詩が付いていて、漫画同等のストーリーを込めた作品となっている。

 会場では、デジタル作品をキャンバスプリントしたもの(B1サイズ)を展示しているが、販売はNFTマーケットプレイス「Adam byGMO」で行う(各50万円、各10点)。会場で展示する現物はサイン入りでオークション(50万円~)にかける。

 元々デジタルで絵を描いている東村さんだが、昨年9月の「Adam byGMO」立ち上げに合わせて日韓同時連載作品「私のことを憶えていますか」のイラストNFTを発表するなどしている。今回も、「伝統的美しさと現代の融合を表す」ことや、世界へ発信するという思いを込めてNFTで発表する。

 今月27日には、同展の図録(2,970円)購入客(先着100人)を対象にしたサイン会を開く。当日11時~整理券を配布する。会場では作品をプリントしたポストカード(全20種類、ランダム4枚1セット660円)も販売する。

 開催時間は11時~20時。入場無料。今月27日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース