見る・遊ぶ

エイベックス、渋谷に「次世代ギャル」アンテナショップ 映えスポット随所に

アニマル柄などを採り入れ「映え」スポットを演出する「リレクト」店内

アニマル柄などを採り入れ「映え」スポットを演出する「リレクト」店内

  •  
  •  

 アニマル柄などを採り入れSNS映えする店内で「次世代ギャル」向けのLA古着などを扱うアンテナショップ「RELECT by RUNWAY channel Lab.(リレクト バイ ランウェイ チャンネル ラボ)」(渋谷区宇田川町)が3月16日、渋谷・スペイン坂にオープンした。

「ショップ店員」の一人、かれんさん

 ファッションやカルチャー面で注目が集まる「90年代」や「ギャル文化」を背景に、次世代ギャルが集える場として、エイベックスが出店。レディスアパレル「マークスタイラ-」(広尾5)と組み、同社のショールーミングストア「ランウェイチャンネルラボ シブヤ」を期間限定で大胆に「改装」した。

[広告]

 ネオン管やピンク・青色などの間接照明などを採り入れ、ボックスの中に入ると付近のブラウン管に自身が写るカラフルな電話ボックスや、来店客がマネキンのように立てるショーウインドーなどの「フューチャリスティック」なフォトスポットを随所に仕掛ける。人気アートディレクターの河野未彩さんが「未来の90年代」をコンセプトに仕上げた。

 取り扱うのは、スタイリスト「RiBBON」ことカトウリサさんが米ロサンゼルスで買い付けた古着を中心に、一部新品を含む商品。柄やファー、ラメをあしらったものなど「ギャル」を意識したアイテムで、中心価格は6,000円ほど。1,000円台のアクセサリーから、一部高級ブランドのビンテージシューズ(6万円台)までをそろえる。

 店内に置く自販機は1人1回、無料でボタンを押すことができ、中には美容アイテムやクーポンなどをランダムに入れる。ショップ店員として、「かれん」さんなど、自社の所属アーティストやインスタグラムやTickTockなどで人気のあるインフルエンサーら8~9人がランダムに勤務することで集客にもつなげる。

 週末は人気コスメブランドのメーキャップアーティストによる無料メーキャップ講座や、プロのファッションカメラマンによる撮影会などのイベントも開き、センター街などに店を構える人気店「CoCo都可(ココトカ)」のタピオカドリンクとのコラボレーションなども予定しているという。

 営業時間は11時~20時。水曜定休。5月中旬まで。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞