代々木に「クライミングジム レックス」 天井からつるウオールも

初心者向けから上級者向けまで9段階でルートを設定している

初心者向けから上級者向けまで9段階でルートを設定している

  •  
  •  

 代々木駅近くに昨年12月、「クライミングジムRec's(レックス)代々木」(渋谷区千駄ヶ谷4、TEL 03-6434-5811)がオープンした。経営は東急レクリエーション(桜丘町)。

天井からつるす「チャレンジロッソ」は上級者向け

 ボウリング場やフットサル施設などを手掛ける同社の新事業。近年、若年層を中心にボルダリングが流行していることや、2020年の東京五輪の種目にスポーツクライミングが最終候補に残るなど注目を集めていることから出店した。

[広告]

 店名は、社名の「レク」やラテン語で王を意味する「rex」などを掛け合わせて命名。土地柄、仕事帰りの会社員男女をコアターゲットに据える。一般的に、クライミング施設の利用者は「6~7割が男性」であることから、女性も入店しやすい店づくりを目指したという。

 空手道場を改装した同所。店舗面積は357.42平方メートル。ウオールの高さは最高5メートル弱で、初心者向けから上級者向けまで9段階でルートを設定。「チャレンジロッソ」と称した天井からつるす上級者向けのウオールも用意した。今春には、ロープを使って登る高さ約6メートルのトップロープクライミングも稼働予定。ウオールの設計などはピラミッドジャパン(埼玉県)が監修した。フロア内には、休憩スペースやシャワールームも完備しドライヤーなども備える。

 利用料は、一般=1,944円、大学・専門・高校生=1,620円(以上、平日20時以降は1,404円)、中学・小学生=1,080円(保護者同伴)。火曜はレディースデーで女性の利用料が1,188円になる。1カ月何度でも通えるパスポートは、一般=1万2,960円、小学~大学生=1万800円。初回利用料を含む入会金は1,620円。レンタル用にシューズ(324円)、チョーク(108円)を用意する。

 現在はボルダリング経験者や近所に住む子どもたちの利用が中心だが、2月29日まで入会金無料のキャンペーンを行っている効果もあって300人ほどが入会しているという。同社ライフ・デザイン事業部事業推進プロジェクトの藤原緑さんは「女性の方にも安心して来店いただきたい」と言い、「さまざまな方が集まって話したり仲間ができたりするコミュニティーの場になれば」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は12時~23時(土曜・日曜・祝日は10時~21時)。

  • はてなブックマークに追加