見る・遊ぶ

原宿に期間限定「映画ドラえもん」シアター、KDDIが動画配信サービスPR

テーブルに設置したiPhoneなどで「映画ドラえもん」35作品が見られる

テーブルに設置したiPhoneなどで「映画ドラえもん」35作品が見られる

  •  
  •  

 原宿のカフェ「Tokyo Apartment CAFE」(渋谷区神宮前1)に3月20日、「映画ドラえもん×ビデオパス シアター」がオープンした。主催はKDDI(千代田区)。

エントランスに設置した「どこでもドア」

 同社の会員制動画配信サービス「ビデオパス」をアピールするもの。同サービスでは、今月7日に始まった「映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記」の公開に先駆け、2月25日から「映画ドラえもん」全35作品を独占配信している。カフェでは全席にスマートフォンまたはタブレット(各12台)を置き、同サービスで全35作品(1台につき5作品)を見られるようにした(18時まで)。

[広告]

 期間中、エントランスには「どこでもドア」を、店内随所に等身大のドラえもんフィギュアを設置。壁面や照明カバー、什器などにはのび太などのイラストをあしらい、一角には同作や過去の映画に登場したドラえもんのイラストを掲出した。席にはドラえもんに関するイラストのフォトプロップスも用意する。

 同日開かれた発表会に登場した「ドラ☆応援団」の俳優・溝端淳平さんは、ドラえもんの魅力について、「フォルムが丸くてかわいい。ドラえもんが友達で一緒に住んでいたら毎日が楽しいと思う」と話し、「大人になって気付く良さもあり、夢を見続けられる素晴らしい作品。僕もずっと大好き」と笑顔を見せた。

 「悩んだり気分が落ちたりしている時、原点に戻りたい時に見たい」と言う溝端さんの好きなドラえもん作品は短編作品の「おばあちゃんの思い出」で、「小学校のころに号泣したのを覚えている。今でも泣いちゃう」という。欲しい「秘密の道具」を聞かれ「(のび太の宇宙英雄記に登場する)バーガー監督。一緒に仕事をしたい」と話した。

 前日の19日に同作を見に映画館へ足を運んだ際に、子どもと一緒に来場していた30代と思われる女性たちを見て「世代を超えて楽しめる、みんなのドラえもんなのだと感じた。自分もいつかそういう時が来れば」と思いをはせた。全35作品が見られる同シアターについては「居座っちゃう。何時間でもいられそうだから、カフェとしての経営が成り立つのか心配」と笑いを誘った。

 フォトセッション時には等身大ドラえもんフィギュアの登場にテンションが上がった様子で、自身のスマートフォンでツーショット撮影する一幕も見られた。

 営業時間は11時~24時。今月31日まで。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞