新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は135人

プレスリリース

「ガストロノミー “ジョエル・ロブション”」 が『ミシュランガイド東京2022』にて15年連続で三つ星の最高評価を獲得

リリース発行企業:株式会社フォーシーズ

情報提供:

 株式会社フォーシーズ(東京都港区南青山 社長:淺野 幸子)が運営するフレンチレストラン「ガストロノミー “ジョエル・ロブション”」は2021年12月3日(金)に発刊される、『ミシュランガイド東京2022』にて最高評価である三つ星に15年連続で選ばれました。 また、 「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」は15年連続、 「ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション」 は14年連続(初年度は一つ星)となる二つ星に選ばれ、フォーシーズが運営する3店舗で15年連続ミシュランガイドに掲載されました。









≪ジョエル・ロブション総料理長 関谷 健一朗のコメント≫
いつも応援してくださる御客様、素晴らしい食材や機材を提供してくださる皆様に心より感謝申し上げます。
頂戴した評価が正しかったと感じていただけるよう、ロブションの全スタッフと共に精進して参ります。本当にありがとうございます。
関谷 健一朗 Instagram アカウント @chef_ken_ichiro : https://www.instagram.com/chef_ken_ichiro/



≪ジョエル・ロブションのレストランとは≫
 ジョエル・ロブションの芸術的かつ独創的な料理は世界の美食家から「皿の上の芸術」とも讃えられ、その技法、「料理は愛」という料理哲学は世界中の『ジョエル・ロブション』へ受け継がれている。
 日本では、東京・六本木に世界で初となるカウンタースタイルのフレンチレストラン「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」や恵比寿ガーデンプレイス内に位置する「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」をはじめ、現在はレストラン・カフェ・パティスリー・ブランジュリー・バーなど全12店舗を展開。

■店舗情報













  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース