新型コロナ関連渋谷区、新たな陽性患者数は7人

プレスリリース

【新刊案内】3Dプリンティング材料最新業界レポート 発行:(株)シーエムシー・リサーチ

リリース発行企業:株式会社シーエムシー・リサーチ

情報提供:

材料科学や化学、先端技術やその市場動向に関するレポート発行やセミナー開催を行う(株)シーエムシー・リサーチ(東京都千代田区神田錦町、https://cmcre.com/)では、このたび「3Dプリンティング材料最新業界レポート」と題する書籍を2021年1月16日発行いたしましたので、お知らせします。 書籍の定価は、180,000円+消費税、セット(冊子 + CD)では 200,000円 + 消費税 となっており、ご購入受付中です。書籍目次の詳細や販売については以下の弊社サイトをご覧ください。  https://cmcre.com/archives/69573/


【新刊案内】3Dプリンティング材料最新業界レポート
 Market Trends of 3D Printing Materials

◎刊行に当たって

様々な業界で3Dプリンターが普及するにつれ,材料メーカーによる造形材料の開発・提案が活発になっている。
金属3Dプリンターは,欧米中心に自動車や航空機,医療機器などの特殊仕様部品で採用が急速に進み,中国では補助金で製品普及を促すことで増加している。金属材料はアルミニウムやチタン,鉄系が主流であり,疲労強度や加工率の高さという点で,アルミニウム合金の使用が多くなっている。
バイオ3Dプリンターは,生体との互換性が求められないモデリングや試験管などでの実験が行われている。今後,バイオ3Dプリンターを活用した臓器は,人工膵臓,肺と腎臓,肝臓が完成するといわれている。それに伴い,バイオインクや非細胞材料の消費量も増えていくであろう。
また,近年,歯科領域において3Dプリンティング技術を活用する動きが拡大してきている。アプリケーションでは,矯正用マウスピース,人工歯,インプラント用のサージカルガイドなどの製造が拡大している。それゆえに,材料メーカーは歯科分野に3Dプリンター向けの高機能樹脂を提案する動きが盛んになっている。
さらに,医療・福祉用3Dプリンター向けの高機能樹脂も増加している。義肢や人工骨などを容易に作製する方法を提案し,高齢化で拡大が見込める医療・福祉産業でのニーズの取り込みを行っている。
市場機会の獲得のため各社は様々な戦略を進めており,3Dプリンター・材料ともに多様な選択肢が増えている。本レポートでは,“3Dプリンティング材料”に焦点を合わせ,業界,及び市場動向を分析した。
                                       CMCリサーチ調査部

■ 発 刊:2021年1月16日発行
■ 定 価:本体価格 180,000円 + 消費税
     セット(冊子 + CD)  200,000円 + 消費税
■ 体 裁:A4判・並製・362頁
■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ
ISBN 978-4-904482-93-3

★ 3Dプリンターで用いられる医療・福祉用材料の開発・提案する材料メーカーの戦略とは!
★ 2025年の世界の3Dプリンターの出荷台数は,●台、国内は●台となると予測!
★ 2025年の3Dプリンター用造形材料の世界市場は●億円、材料メーカーの動向を探る!
★ 近年, 低価格化が進む金属用3Dプリンター業界における各社のビジネス戦略を探る!
★ 2025年の世界の金属プリンターの市場規模は●億円、金属材料は●億円になると予測!
★ アルミ,チタン,コバルトクロム合金,銅などの用途事例、業界トレンド、企業動向を探る!
★ 2025年のバイオ3Dプリンターの世界市場は●億円、バイオインクは●億円と予測!
★ 2025年の歯科用3Dプリンターの世界市場は●億円、使われる材料は●億円と予測!
★ CFRPを使用した3Dプリンティングに求められる印刷法、材料、企業動向を探る!
★ 航空・宇宙、自動車、電子回路、食品、3Dプリントサービスなどの業界・企業動向を探る!

☆目次の詳細とお申し込みはこちらから↓詳細な目次をご覧ください!
https://cmcre.com/archives/69573/


【目次概要】
第1章 3Dプリンターとは
1.概要
2.業界の歴史と現状
3.3Dプリンターの種類
 3.1 概要
 3.2 材料押出法(MEX)
 3.3 液槽光重合法(VPP)
 3.4 結合剤噴射法(BJT)
 3.5 材料噴射法(MJT)
 3.6 粉末床溶融結合法(PBF)
 3.7 指向エネルギー堆積法(DED)
 3.8 シート積層法(SHL)
4.フルカラー化の傾向
5.3Dプリンターの導入への課題
6.各種3Dプリンターの価格動向
 6.1 概要
 6.2 材料押出法3Dプリンターの価格動向
 6.3 液槽光重合法3Dプリンターの価格動向
 6.4 粉末床溶融結合法3Dプリンターの価格動向
7.3Dプリンターの世界の出荷台数推移
8.価格帯別の3Dプリンターの動
第2章 国別の3Dプリンターの動向
1.各国の動向
 1.1 米国
 1.2 ドイツ
 1.3 中国
 1.4 韓国
 1.5 シンガポール
 1.6 台湾
 1.7 インド
 1.8 フィリピン
 1.9 オランダ
 1.10 英国
 1.11 フランス
 1.12 ドバイ
第3章 3Dプリンターメーカー業界の動向
1.概要
2.企業動向
 2.1 米国
 2.2 ドイツ
 2.3 イタリア
 2.4 ポーランド 
 2.5 英国
 2.6 オランダ
 2.7 チェコ
 2.8 アイルランド
 2.9 スペイン
 2.10 イスラエル
 2.11 カナダ
 2.12 オーストラリア
 2.13 中国
 2.14 台湾
 2.15 韓国
 2.16 日本

第4章 3Dプリンター用造形材料
1.概要
2.3Dプリンター用造形材料の世界市場
 2.1 材料押出法向け材料の世界市場
 2.2 液槽光重合法向け材料の世界市場
 2.3 結合剤噴射法向け材料の世界市場
 2.4 材料噴射法向け材料の世界市場
 2.5 粉末床溶融結合法向け材料の世界市場
3.各種造形材料の特徴
 3.1 PLA
 3.2 ABSとPLAの比較
 3.3 ナイロン
 3.4 ポリカーボネート
 3.5 PC-ABS
 3.6 青銅
 3.7 ベリリウム銅
 3.8 セラミック
 3.9 バイオセラミック
 3.10 炭素繊維
 3.11 チタン
 3.12 グラフェン
 3.13 アルミニウム
 3.14 ゴム系(熱可塑性エラストマー)
 3.15 ゲル
 3.16 エポキシ樹脂
 3.17 アクリル樹脂
 3.18 フッ素樹脂
 3.19 PEEK
 3.20 石膏パウダー
 3.21 ゴールド
 3.22 シルバー
 3.23 プラチナ
 3.24 真鍮
 3.25 ステンレス
 3.26 ウルテム
 3.27 ワックス
 3.28 セルロース
 3.29 チタニウム合金
 3.30 コバルトクロム合金
第5章 3Dプリンター用造形材料メーカーの動向
1.概要
2.企業動向
 2.1 米国
 2.2 ドイツ
 2.3 オランダ
 2.4 英国
 2.5 ベルギー
 2.6 フランス
 2.7 スイス
 2.8 ポーランド
 2.9 イタリア
 2.10 サウジアラビア
 2.11 カナダ
 2.12 中国
 2.13 韓国
 2.14 日本

第6章 金属3Dプリンター
1.概要
2.金属3Dプリンターの種類
 2.1 概要
 2.2 粉末床溶融結合法
 2.3 指向性エネルギー堆積法
 2.4 材料押出法
 2.5 アーク溶接方式
 2.6 結合剤噴射法
 2.7 超音速堆積法
 2.8 液体金属堆積法
3.金属3Dプリンターの価格動向
4.金属3Dプリンターの世界市場
5.金属3Dプリンターメーカーの動向
 5.1 ドイツ
 5.2 米国
 5.3 スウェーデン
 5.4 英国
 5.5 カナダ
 5.6 イスラエル
 5.7 日本

第7章 金属材料
1.概要
2.金属材料の種類
3.3Dプリンター用金属材料の世界市場
4.アルミニウム
 4.1 概要
 4.2 6061・7075アルミニウム合金
 4.3 AlSi10Mg
 4.4 業界動向
5.チタン
 5.1 64チタン(Ti6Al4V)
 5.2 業界動向
6.マレージング鋼
 6.1 概要
 6.2 業界動向
7.インコネル
 7.1 概要
 7.2 インコネル625
 7.3 インコネル718
 7.4 業界動向
8.ステンレス鋼
 8.1 概要
 8.2 SUS316L(高耐食ステンレス)
 8.3 SUS630(析出硬化系ステンレス)
9.コバルトクロム合金
 9.1 概要
 9.2 業界動向
10.銅
 10.1 概要
 10.2 業界動向
11.企業動向

第8章 3Dバイオプリンティング
1.概要
2.3Dバイオプリンティングの世界市場
3.国内での現状
4.3Dバイオプリンティングに用いられる印刷法と材料
 4.1 概要
 4.2 押し出しバイオプリント法
 4.3 インクジェット方式
 4.4 液槽光重合法
 4.5 レーザー転写方式
 4.6 材料押出法
 4.7 バイオ3Dプリンターの世界市場
5.バイオインク
 5.1 概要
 5.2 3Dバイオプリンティングに使用される生体材料の種類
  5.2.1 アルギン酸
  5.2.2ゼラチンメタクリロイル(GelMA)
  5.2.3 非細胞材料
 5.3 市場動向
 5.4 企業動向
6.人工皮膚
6.1 概要
6.2 企業動向
7.人工血管
 7.1 概要
 7.2 企業動向
8.3Dバイオプリンティング,及び関連企業の動向
 8.1 米国
 8.2 カナダ
 8.3 英国
 8.4 スイス
 8.5 フィンランド
 8.6 ロシア
 8.7 イスラエル
 8.8 インド
 8.9 中国
 8.10 日本

第9章 医療・福祉用
1.概要
2.医療現場で起きていること
3.歯科用3Dプリンティング
 3.1 概要
 3.2 歯科矯正の業界動向
 3.3 人工歯の業界動向
 3.4 インプラント用のサージカルガイドの業界動向
 3.5 歯科用3Dプリンティングの世界市場
 3.6 歯科用3Dプリンターで使われる材料の世界市場
 3.7 代表的な歯科用3Dプリンターと材料
 3.8 中国
 3.9 企業動向
4.補聴器
 4.1 概要
 4.2 業界動向
 4.3 企業動向
5.義肢
 5.1 概要
 5.2 業界動向
 5.3 3Dプリンターで義肢を作るための課題
 5.4 企業動向
6.人工骨
 6.1 概要
 6.2 業界動向
 6.3 企業動向
7.サージカルガイド
 7.1 概要
 7.2 業界動向
 7.3 企業動向
8.3Dプリンターで用いられる医療・福祉用材料
 8.1 概要
 8.2 企業動向

第10章 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)
1.概要
2.CFRPを使用した3Dプリンティング
3.3Dプリンティングで使用される炭素繊維
4.CFRPの3Dプリンティング法
 4.1 概要
 4.2 材料押出法
 4.3 粉末床溶融結合法
 4.4 3Dプリンティング用CFRPの調製に必要な材料
5.マトリックス樹脂
 5.1 概要
 5.2 熱硬化性樹脂
  5.2.1 エポキシ樹脂
  5.2.2 フェノール樹脂
  5.2.3 ポリイミド樹脂
  5.2.4 不飽和ポリエステル樹脂
  5.2.5 ビニルエステル樹脂
  5.2.6 ビスマレイミド樹脂
  5.2.7 シアネートエステル樹脂
 5.3 熱可塑性樹脂
  5.3.1 ポリアミド樹脂
  5.3.2 ポリプロピレン樹脂
  5.3.3 ポリフェニレンサルファイド樹脂
  5.3.4 ポリエーテルイミド樹脂
  5.3.5 ポリカーボネート樹脂
  5.3.6 ポリエーテルエーテルケトン樹脂
6.企業動向

第11章 航空・宇宙業界の動向
1.概要
2.企業動向
 2.1 米国
 2.2 ドイツ
 2.3 英国
 2.4 フランス
 2.5 ノルウェー
 2.6 イタリア
 2.7 カナダ
 2.8 ロシア
 2.9 イスラエル
 2.10 中国
 2.11 シンガポール
 2.12 日本
 
第12章 自動車業界の動向
1.概要
2.企業動向
 2.1 ドイツ
 2.2 米国
 2.3 スウェーデン
 2.4 フランス
 2.5 イタリア
 2.6 オランダ
 2.7 スペイン
 2.8 英国
 2.9 日本

第13章 電子回路業界の動向
1.概要
2.企業動向

第14章 食品業界の動向
1.概要
2.企業動向
 2.1 英国
 2.2 ドイツ
 2.3 オランダ
 2.4 スウェーデン
 2.5 スイス
 2.6 イスラエル
 2.7 米国
 2.8 カナダ
 2.9 オーストラリア
 2.10 台湾
 2.11 シンガポール
 2.12 日本

第15章 フットウエア業界の動向
1.概要
2.企業動向

第16章 建設業界の動向
1.概要
2.企業動向

第17章 ソフトウエア業界の動向
1.概要
2.企業動向

第18章 3Dプリントサービス業界の動向
1.概要
2.企業動向
 2.1 米国
 2.2 フランス
 2.3 オランダ
 2.4 英国
 2.5 イタリア
 2.6 ベルギー
 2.7 トルコ
 2.8 オーストラリア
 2.9 日本

第19章 その他の企業一覧
 1.1 米国
 1.2 オランダ
 1.3 英国
 1.4 スウェーデン
 1.5 スイス
 1.6 ポーランド
 1.7 イスラエル
 1.8 オーストラリア
 1.9 韓国
 1.10 シンガポール
 1.11 日本

☆目次の詳細とお申し込みはこちらをご覧ください↓
https://cmcre.com/archives/69573/


◎関連書籍のご案内

☆弊社発行書籍の一覧はこちらから↓
 https://cmcre.com/archives/category/cmc_all/


◎最新セミナー/ウェビナーのご案内
(1)FCV・水素エネルギービジネスの最新動向
  開催日時:2021年1月25日(月)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/66217/

(2)低分子ゲルの基礎と活用法、最新動向
  開催日時:2021年1月25日(月)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/67720/

(3)フローマイクロリアクターを用いた合成化学の基礎と応用
  開催日時:2021年1月26日(火)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/65367/

(4)5G&beyond関連通信デバイスの分解・分析
  開催日時:2021年1月26日(火)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/65788/

(5)ゾル-ゲル法の実務活用のための速習セミナー ― 基礎から合成技術・物性制御・応用・研究動向まで ―
  開催日時:2021年1月27日(水)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/66737/

(6)スパースモデリングによる機械学習
  開催日時:2021年1月27日(水)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/65501/

(7)外観検査の自動化技術と運用ノウハウ
  開催日時:2021年1月27日(水)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/66784/

(8)異種材料接着・接合の基礎と最新技術、及び強度/信頼性/耐久性向上と寿命予測法
  開催日時:2021年1月28日(木)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/64029/

(9)AR/VR・車載用ディスプレイの動向と課題 ~ 有機EL, μ-LED, ミニLED, 量子ドット ~
  開催日時:2021年1月28日(木)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/66414/

(10)CFRPの成形・加工・適用事例
  開催日時:2021年1月29日(金)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/66338/

(11)異種材料接着・接合の基礎と最新技術、及び強度/信頼性/耐久性向上と寿命予測法
  開催日時:2021年1月28日(木)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/69382/

(12)5GおよびBeyond 5Gで求められる部品・材料の技術動向と応用展開
  開催日時:2021年1月29日(金)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/66434/

☆続々追加中!
☆開催予定のウェビナー一覧はこちらから!↓
https://cmcre.com/archives/category/seminar/webseminar_f/

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞