プレスリリース

第2回 夏井いつきのおウチde俳句大賞、発表! 会員制Webサイトオープン!!

リリース発行企業:株式会社朝日出版社

情報提供:

「第1回」の昨年と同じく、本年も5月の予定だった贈呈式をコロナ禍で一旦延期。参加人数を制限し、ソーシャルディスタンスの確保ほか安全を期した会場(日比谷 松本楼)で9月20日に無事開催。同日、Webサイト「夏井いつきのおウチde俳句くらぶ」開設も発表されました。


リモート参加者と電話で会話する夏井先生


昨年100名が集った贈呈式も今年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、来場者を半減する一方、希望者に限り、オンラインでもご参加いただきました。応募総数13,720句の中から大賞に輝いたのは、大阪府の俳号・ぐでたまごさんでした。

「おウチde俳句大賞」は、「リビング」「台所」「寝室」「玄関」「風呂」「トイレ」の6つの場所がテーマ。
「家の中にも俳句のタネはたくさん転がっているので、病気やケガ、介護などで外出がままならない人たちも、五感と第六感を使っておうちで俳句を楽しんでほしい」という思いから、夏井いつき先生が優秀作30を選句、その中から各部門の最優秀賞が選ばれました。
夏井先生が全国で行っている「句会ライブ」の形式にのっとり、各部門の最優秀賞に選ばれた6作品に対して、さまざまな感想や句が詠まれた背景についての「鑑賞」が行われたのち、最後の一句である大賞は、会場の50名とオンライン参加者の、ご家族まで含めた多数決により決定しました。

また、この日、同時に発表されたのが夏井先生のオフィシャルWebサイト『夏井いつきのおウチde俳句くらぶ』のオープンです。このサイトに有料会員登録いただくと、夏井先生が選句する「写真de俳句」や「ドリルde俳


句」への投稿、入選結果が確認できたり、夏井いつき監修の句集が作れたりとスペシャルな特典をお楽しみいただけます。当サイトの詳細は、下記URLよりご確認ください。

■クラブ名
夏井いつきのおウチde俳句くらぶ
https://ouchidehaiku.com/

■会費(下記1.2.よりお選びいただけます)
1.月払い:770円(税込)
※お支払いには「クレジットカード決済」 をご利用いただけます。
2.年払い:8,470円(税込)
※お支払いには「クレジットカード決済」「コンビニ支払い」 をご利用いただけます。



では、いよいよ第2回大賞の発表に参りましょう!
■第2回おウチde俳句大賞(玄関部門 最優秀賞)
車椅子は置いてく白靴と杖を  ぐでたまご
大賞受賞 ぐでたまごさん
【作句にあたって】
私の妻がちょっと足が不自由で車椅子に乗っているんです。杖をついて歩けるぐらいの感じではあるので、たまにリハビリがてら夫婦でお散歩に行くんですけれども、車椅子を降りて、白靴を履いて、杖をついて歩くというのをやっているので、その時のことを詠みました。

■風呂部門 最優秀賞
風呂部門 最優秀賞 このはる紗耶さん
追い炊きにしりしりそそけゆく寒夜  このはる紗耶



【作句にあたって】
冬すごく寒くて、寒夜そのものが獣にでも追われているような感じがするんですけれども、それが追い炊きで少しずつ崩壊していくような感じがしたので、それを句にしてみました。


■トイレ部門 最優秀賞

白鳥となるまで磨く便器かな  樫の木
トイレ部門 最優秀賞 樫の木さん


【作句にあたって】
(奥さんが磨きあげた便器を見て)白鳥のイメージが冬なので、寒い日に磨くということと、背景として何となく僕の頭の中に白鳥の声が聞こえて来るような気がしました。




■リビング部門 最優秀賞
寄せ鍋に介護施設の資料閉ず  内藤羊皐
リビング部門 最優秀賞 内藤羊皐さん

【作句にあたって】
(9月はじめに亡くなった)義理の父を詠んだ句だったのですが、施設に入るのを嫌がっていた人だったので、義理の父のことをこういうふうに日の目を見ることが出来てうれしいです。



■台所部門 最優秀賞
ガスコンロちちち流星群を呼ぶ  安宅麻由子
台所部門 最優秀賞 安宅麻由子さん
【作句にあたって】
子どもの離乳食を夜中にまとめて煮て凍らせていて、夜にガスコンロを使っている時に何か炎を見て、あ、お星さまもこんな青い炎かなと思って、それで思いついて作ったんです。


■寝室部門 最優秀賞



麻痺の手の眠らばほどけゆく春日  青海也緒

【作句にあたって】
うちの子どもが生まれた時から脳性麻痺があって、親子ともに疲れていたその日は、お昼寝したらさっきまであんなに麻痺で動いていなかった手がふわっとやわらかくなって、なんかちょっと泣けたので、それを句にしました。
夏井先生とリモートで会話する寝室部門 最優秀賞 青海也緒さん

■第2回おウチde俳句大賞 優秀賞三十選

夏井先生と軽妙に式を進める司会の家藤さん
【リビング部門】
寄鍋に介護施設の資料閉ず  内藤羊皐
サングラス居間に飾っているばかり  花がえる
冬萌や小舟のやうなヨガマット  神楽坂リンダ
大掃除天井にケチャップのいつ  忽滑谷三枝子
洗濯物濡れる炬燵から眺む  松崎はる奈

【台所部門】
ガスコンロちちち流星群をよぶ  安宅麻由子
焼きそばの肉塊咆哮して炎暑  ぐ
又飯かと老妻激しくネギを切る  ゆうでん
ソーシャルディスタンスを意識しながら…
青汁の芒種の濁りぐいと呑む  直
すり鉢の傾斜がきれい夜の秋  門田なぎさ

【寝室部門】
麻痺の手の眠らばほどけゆく春日  青海也緒
寝室や妻との時差のある夜長  いなだはまち
夜半の秋まくらのために歌いけり  幸の実
纏はねば毛皮は何の熱も持たず  山田喜則
歯ぎしりの真夜は厄日の芯として  水野大雅
挙手により「大賞」に投票


【玄関部門】
車椅子は置いてく白靴と杖を  ぐでたまご
天然木高級靴べら黴みやび  七瀬ゆきこ
こはれさうな仔犬の足を拭く夜寒  成瀬志乃
玄関に水二箱を積みて冬  加茂智子
保険屋の置いてく名刺種袋  播磨陽子


リモート参加者の画面を見ながら
【風呂部門】
追焚きにしりしりそそけゆく寒夜  このはる紗耶
徹夜明けの湯船は広し薄暑光  星埜黴円
シャワーヘッドはマイク夏休みが来る  岩瀬聖
看護婦に預ける首や髪洗ふ  菊池洋勝
おへそから新しいぼくゆずゆかな  三浦弘太郎


【トイレ部門】
白鳥となるまで磨く便器かな  樫の木
台風の目に入りあたたかき便座  古田秀
ペーパーの芯空回り神の旅  高橋寅次
討ち入りの日や血尿がまだ止まらぬ  桜井教人
神様に毒づき便器磨く秋  陽光


なお、第2部では「窓」をテーマに当日句会を開催し、10名のかたが賞品を獲得。夏井先生と司会の家藤正人さんとの軽妙なやりとりは途絶えることなく、第2回おウチde俳句大賞贈呈式は盛会の内うちに幕を下ろしました。


■式を終えて  夏井いつき
「おウチde俳句」活動は、私の大きなライフワークの一つだと思っております。
いずれ私たちは全員見事に、1人残らずきれいに死んでいきます。そして、どこかの段階で
動きにくくなったり、おウチの中で過ごす時間が増えるようになります。誰でもそうなるわけです。

その時にいかに豊かに生きていられるか。

私が思うことは、動けるうちにたくさんの季語と接して、自分の体に入れておくということです。
そうすると、写真を見てもにおいがしてくるようになる。雪の写真を見たら、その冷たさを
ちゃんと皮膚が再生できる。そういう体になっていくのです。

だから、動けるうちにたくさんの季語の現場に行き、いっぱい季語と出会いましょう。
季語の記憶をいっぱい体に溜めていると、豊かな老後や人生を送ることができると確信しております。

「おウチde俳句」がいろいろな形で皆さんの周りの人たちに伝わることを心から願っております。
そして、来年も是非ここでお会いしましょう。本当にありがとうございました。
「当日句会」選句する夏井先生

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

超!シブヤ経済新聞