プレスリリース

南米ガストロノミーを牽引するレストラン「Central」のヴィルヒリオ・マルティネスシェフのイベントを日本橋にて開催!

リリース発行企業:株式会社グラナダ

情報提供:

Netflixの人気ドキュメンタリー「Chef’s Table」でも取り上げられたヴィルヒリオ・マルティネスシェフが1月24日~27日来日!


株式会社グラナダ(東京都中央区 代表取締役下山雄司)が運営する世界のスターシェフが次々と来日する美食イベント「COOK JAPAN PROJECT」に、The World’s 50 Best Restaurantsで世界ランキング6位、南米2位に輝くペルーのヴィルヒリオ・マルティネス氏が来日。

ペルーのエコシステムや標高(高度)を料理のコンセプトに取り入れた、独自のフィロソフィーで世界の美食家を魅了するヴィルヒリオ・マルティネスシェフ。
その類い稀な才能で、生物多様性に溢れる南米の大地を表現するコースをぜひお見逃しなく。
https://cookjapanproject.com/category/select/cid/211


------------------------------------
◆ヴィルヒリオ・マルティネスシェフのプロフィール

2009年にペルー、リマに「Central(セントラル)」をオープン。2015年に世界ベストレストランランキングで南米のレストランとして第4位を獲得し、世界を驚かせました。

2017年にはペルーのクスコの高地、インカのモライ遺跡のすぐ横に、海抜3500mのエコシステムを体験できるレストラン兼研究所MILをオープン。アンデス原産の高山でできる芋や豆、カカオ、食べられるバクテリアなどの研究を進めています。また、MATER INCIATIVAという人類学者や植物学者、生物学者、哲学者などで構成される研究機関を通じて、ペルーの生物多様性を研究。自らもジャングルや高山に特別な食材を探しに行きます。
ペルーの国土は、海中から海抜4000mまで多岐にわたる高度で生息する多様な植物に恵まれており、新鮮な魚介に恵まれる沿岸から、密林が広がるアマゾン、そしてアンデスの高山地帯まで、標高が上がるごとに多彩な表情を見せる豊かな食文化が存在します。
今回、その素晴らしさをそのヴィルヒリオシェフが日本のゲストに披露します。また、ラテンアメリカの最優秀女性シェフ賞を受賞し、自身のレストランKjolleをオープンした彼の妻、ピア・レオンシェフもともに来日。ヴィルヒリオシェフとともに腕を振るいます。

受賞歴
2018年World's 50 Best Restaurants / 世界のベストレストラン50 6位
2017年World's 50 Best Restaurants / 世界のベストレストラン50 5位
2016年World's 50 Best Restaurants / 世界のベストレストラン50 4位


◆ヴィルヒリオ・マルティネスシェフ 4日間限定のイベント
日程:2019年2020年1月24日(金)-1月27日(月)ディナー
内容:デグスタシオンコース ¥39,000 → 事前HP決済価格 ¥37,000(税別・サービス料込)
ご予約:https://cookjapanproject.com/category/select/cid/211
開催場所:東京都中央区日本橋1丁目6-1コレド日本橋ANNEX COOK JAPAN PROJECT
TEL:03-6821-5689 FAX:03-6821-5692(電話でのご予約は開催日の2週間前より承ります)

◆ヴィルヒリオ・マルティネスシェフのレストラン
Central https://centralrestaurante.com.pe
MIL https://www.milcentro.pe

◆『COOK JAPAN PROJECT』とは
世界各国から30名のスターシェフを順に招致し、ひと月に3人×10か月間にわたり料理を提供してもらう美食イベント。世界を驚かす日本の最高の素材をシェフに紹介し、それらを取り入れた、このイベント限定のコースを創り上げてもらい、お客様に楽しんでいただくレストランプロジェクト。2020年1月31日が最終日となります。
https://cookjapanproject.com

●ホームページ:https://cookjapanproject.com/
●Facebookページ:https://www.facebook.com/CookJapanProject/
●公式Instagramアカウント:https://www.instagram.com/cookjapanproject/

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
SmartNews Awards 2019