プレスリリース

仕事中に寝たことはありますか?一度も寝たことない人は全体のたった30%しかいないことが判明!原因は、社会人になって規則正しい生活を送れてないから?

リリース発行企業:べースメントアップス株式会社

情報提供:

【調査概要:仕事に関する意識調査】 ■調査日   :2019年11月22日 ~2019年11月29日 ■調査方法 :インターネット調査 ■調査人数 :169名 ■調査対象 :社会人 


ベースメントアップス株式会社が運営する、より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、「勤務時間中に寝た経験があるか」について調査しました。

社会人ならば誰しも、仕事中にもかかわらず眠くなりウトウトしてしまう経験があるでしょう。特に、昼食後は眠気を感じることが多いと言われています。どうしても食後は内臓の動きが活性化するので、体が自然と眠さを欲しています。昼食後に眠くなるのは人間として当たり前のことです。

また、外出から帰ってきた後や会議中などにも眠さを感じる人もいます。体を動かした後だったり、単調な作業をしていたりする時は眠さを感じることが多いと言われています。

一方で、そういったシチュエーション関係なしに一日中眠気が取れないという人もいます。そのような人は、太陽の光を十分に浴びていなかったり、規則正しい生活を送れていなかったりする場合が多いです。朝起きてすぐに太陽の光を浴びるという習慣をつけると、一日中眠いという状態がなくなります。

社会人ならば、たとえ眠くてもしっかりと仕事に取り組まなければいけませんよね。しかし、眠さに耐えられずに寝てしまったことがある社会人も少なくないはずです。

そこで、『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、社会人を対象に「勤務時間中に寝たことはありますか?」とアンケート調査を行いました。まずは、アンケート結果をご覧ください。


【退職の前に読むサイトから引用:https://taisyokuagent.com/articles/591
社会人を対象に、「勤務時間中に寝た経験があるか」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。

頻繁にある:11%
たまにある:39%
ほとんどない:20%
一度もない:30%



頻繁にある:11%


頻繁にあると回答した人は、全体の11%でした。さすがに頻繁に寝てしまうと会社の中でも要注意人物だと思われてしまいます。眠いと感じたら、冷たいお水を飲んでみたり、少しだけ席を立ったり、運動したりと自分なりの対処法を試してみるのも良いです。


たまにある:39%


たまにあると回答した人は、全体の39%でした。たまにでも寝てしまうと社会人意識が足りない、仕事を安心して任せられないと思われてしまうでしょう。一緒に仕事をしていても寝てしまっている人には頼みごとをしたくないと感じる人も多いはずです。


ほとんどない:20%


ほとんどないと回答した人は、全体の20%でした。うとうとしてしまったり、眠さを感じることはあっても、寝ないように意識することはとても大切です。人間なら誰しも眠さを感じてしまうことは当たり前ですが、各々が意識することで寝てしまうのを防げるはずです。


一度もない:30%


一度もないと回答した人は、全体の30%でした。一度も寝たことがない人は社会人の鑑と言えるでしょう。もし職場に一度も寝たのを見たことがないという人がいたら、仕事に対する責任感や社会人意識が感じられますよね。

下記記事では、「仕事中に眠くなる原因と対策」について詳しく説明しているので参考にしてみてください。
https://taisyokuagent.com/articles/591


関連サイト




■ベースメントアップス株式会社:https://basementapps.tokyo
■お問い合わせ:https://basementapps.tokyo/contact
https://taisyokuagent.com
https://kagoshimahighball.jp

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
SmartNews Awards 2019