プレスリリース

豊島区の民間企業・商店が支援する、としま情熱基金 第7回「としまの街をステキにする提案」募集開始!

リリース発行企業:特定非営利活動法人としまNPO推進協議会

情報提供:

豊島区内約20社の民間企業や商店が基金を出し合って、地元の社会貢献活動団体、NPO法人などの活動を支える民間の取り組みです。


養老乃瀧株式会社と特定非営利活動法人としまNPO推進協議会が事務局を運営する「としま情熱基金」の第7回「としまの街をステキにする提案」の募集を、12月1日より開始します。この事業は、豊島区内で活動する地域活動団体、一般社団法人、NPO法人、企業のCSR活動が提案する、「としまの街をステキにする提案」を審査し、優秀な提案を行なった事業に、民間企業・店舗が拠出した基金の中から活動資金を提供するもの。としま情熱基金の運営委員長は、松本浩志氏(マテックス株式会社 代表取締役社長)、審査委員長は、枝見太朗氏(財団法人富士福祉事業団 理事長)が務めている。応募の締め切りは令和5年1月31日。最終審査会と表彰式は、2月25日(土)に養老乃瀧本社ビル4階YRイベントホールで実施する予定。

第5回としまの街をステキにする提案 プレゼンテーションの様子

としま情熱基金は、豊島区の地域活動を支援することを目的に、矢満田敏之氏(養老乃瀧株式会社 代表取締役社長:本社 東京都豊島区)の発案で、平成27年にNPO法人としまNPO推進協議会を運営事務局として設立。翌平成28年2月に第1回「としまの街をステキにする提案」を実施した。

としま情熱基金は、豊島区と関わりのある民間企業・飲食店などが、売り上げの一部を一年間かけて集め、その資金を、「としまの街をステキにする提案」を行なった任意団体、NPO法人などに提供するもの。例年、最優秀賞として20万円、優秀賞として10万円、審査員奨励賞として上限5万円を提供している。

基金の積み立ては、参加企業の業態などによって自由に設定することができ、養老乃瀧の場合は、自店舗で提供している「バクハイ」1杯につき10円、株式会社向こう三軒両隣めぐるでんき事業部の場合は、豊島区内で契約しているビルの電気使用料1kwあたり0.05円、イタリアンレストランオステリアサンテは、日替わりの「としま情熱パスタ」1皿につき10円を基金として積み立ている。




基金の運営は、豊島区に関わりのある民間企業関係者が運営委員を務め、定期的に基金のあり方を検討。運営委員会の委員長は、マテックス株式会社代表取締役社長、副委員長は柳田好史氏(NPO法人としまNPO推進協議会 代表理事)が務め、委員には伊部知顕氏(ロサラーンド株式会社 取締役開発部長)、矢満田敏之氏(養老乃瀧株式会社 代表取締役社長)、渡邊裕之氏(渡邊建設株式会社 代表取締役社長)、上門周二氏(株式会社アネトス地域計画 代表取締役)、猪瀬典夫氏(株式会社マキュアス 代表取締役)、藤井亘氏(豊島区地域活動交流センター運営委員会 委員長)、石川治江氏(特定非営利活動法人ケア・センターやわらぎ 代表理事社会福祉法人にんじんの会 理事長)らが参画。また本年度から川上裕信氏(株式会社サンシャインシティ 常務取締役 まちづくり推進部長)、塚田祥世氏(株式会社ベジリンク 取締役社長)、廣瀬史佳私(声楽家、Voce音楽事務所)らが加わった。また、審査員長は第4回より、枝見太朗氏(財団法人富士福祉事業団 理事長)が務めている。

これまでの受賞団体は、環境・エネルギー、高齢者福祉、発達障害者支援、復興支援、文化活動など多岐に渡っており、昨年度は子どもたちの学習支援を行うNPO 法人の「カフェ塾テラコヤ」事業が最優秀賞を受賞した。また、この基金を活用して地域課題の解決が確実に図られるよう、活動資金の提供だけではなく、PR動画の制作・配信、事務局業務の支援、行政・他団体との協働など、活動継続のためのさまざまな支援を行っている。本年度の応募締め切りは、令和5年1月31日。最終審査会と表彰式は、2月25日(土)に、養老乃瀧本社ビル4階YRイベントホールで開催。前年度受賞団体の活動報告や、過去に受賞した文化団体のパフォーマンスなども実施する予定。

としま情熱基金のホームページURL
https://toshima-guide.com/toshima-guide/

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース