3密を避けて新しい生活様式へ!

プレスリリース

【株式投資×AI】あすなろ投資顧問がAI銘柄スクリーニング「KATANA3.0」の実力を検証すべくパフォーマンス公開を実施した。

リリース発行企業:株式会社あすなろ

情報提供:

株式会社あすなろ運営のあすなろ投資顧問(本社所在地:東京都港区、代表取締役:大石 恭嗣)は、独自のAI銘柄アドバイザー「KATANA3.0」の運用を開始。パフォーマンス公開をYoutubeにて公開した。



なぜ株式投資×AIなのか?


あすなろ投資顧問代表大石やすし

【投資】ってキーワードに【AI】ってキーワードが加わると「詐欺?」とか「騙されない?」とか「悪徳業者?」みたいな、ある種暴論とも言える悪しき風潮ってあるじゃないですか?これを変えたいんですよとあすなろ投資顧問代表大石やすしは語る。

代表の言う通りこのAIサービスは
投資家から資金を預かる運用型ではなく
独自AIを利用し投資家に個別銘柄をご紹介するアドバイザリー型

[特徴は大きく4つ]
・利用者がAI銘柄を自由に取り組む事が出来る
・資金を持ち逃げされるなどのリスクがない
・テクニカル分析に振りきれる(コロナ相場において有効)
・短期決戦型なので資金効率改善が見込まれる


今回リリースした「KATANA3.0」とは?


 個別銘柄の専門家集団あすなろ投資顧問にAI銘柄アドバイザー「KATANA3.0」が備わった。東証上場銘柄(約4000銘柄)を全網羅。5つの分析フェーズにリアルタイム株価を送り込み、条件を満たし勝ち残った優勝銘柄をオートセグメント。買いサイン点灯直後の公開となるため、短期上昇を見込むロンガー専門のAIシステムである。
 その起源を辿れば実に15年前。検証を開始した2005年02月に遡る。それは奇しくもあすなろ投資顧問の創業時期と重なった。かつて1.0時代の姿は≪機関投資家向け≫のポート構築システムだった。対象銘柄数は500。大口の短期売買銘柄を数多く輩出し、その実力を買われ相当数の顧客を獲得した歴史深いAI。
 時は経ち2020年2月・・・KATANAは≪3.0≫してリバイブした。それはおよそ5年に渡る長い道のりだった。個人投資家の取組にフィットするようフルカスタマイズする為会議と検証をループする日々。途中KATANAにPCが付いていけず度々ブレイク。実力を十分に発揮できるよう専用カスタムPCにKATANAを再設置した。業者との交渉により対象銘柄を8倍に増やしクリア条件もより厳しく設定。ひたすら検証を繰り返した。
 KATANAへの信頼度が≪好奇心≫から≪確信≫となったのはコロナショック。超短期で日経平均24000円台から16000円台への急激な大暴落。沈みゆく個別銘柄の中から希少な急騰銘柄をいくつも抽出してみせた。そしてかつてない相場体験を飲み込みその分析の斬れ味は一段と研ぎ澄まされたのであった。
 こうして今KATANAは≪1.0≫から≪2.0≫を飛び越え≪3.0≫に進化しあすなろ投資顧問のAIアドバイザーとして降臨。数々の相場を乗り越えた≪経験≫とその≪分析力≫で個別銘柄を研ぎ澄まし、いかなるマーケットにも深く斬り込む事になるだろう。

【 監 修 】
一目均衡表の大家
長森伸行 先生

【データ提供】
Quick社

【技術ディレクター】
あすなろ投資顧問 SMA
藤井勝行

【総合プロデュース】
あすなろ投資顧問 CEO
大石恭嗣


監修は元テクニカルアナリスト協会講師長森伸行氏


[プロフィール]
元山一證券投資情報部次長・国内で「一目均衡表」チヤート分析の第一人者。元日本テクニカルアナリスト協会セミナー講師で「一目均衡表」を担当。証券業会に50年間携わった重鎮、自立して儲けられる投資家のインストラクター的な存在。

[KATANA3.0へのコメント]
スクリーニング「KATANA 3.0」(出来高変化)についての感想

「KATANA 3.0」を聞いて、何処かに置き忘れていた宝物を突然みつけたような「感激と興奮」で全身が高揚感に包まれた感じです。この出来高変化による「KATANA 3.0」は相場の本質的な部分にスポットをあて、中でも重要なものの組み合わせで銘柄を選び出す「欲張りなスクリーニングシステム」です。また、“パッケージ”で(同時買い付け同時売却)売買することにより“引かされ玉を残さない”ことに重点を置いたものです。
大暴落の後だけにその威力がより発揮できる時期を迎えていると思います。


パフォ―マンスは?

あすなろ投資顧問代表大石やすしが動画にてパフォーマンスを公開。
モデルは撮影時集計が完了していた2パターン。

【4月9日からリリースしたパターンA】

あすなろ投資顧問KATANA3.0パターンA

【4月22日からリリースしたパターンB】

あすなろ投資顧問KATANA3.0パターンB

「A」
[公開日2020年4月9日12:00~2020年4月17日15:00時点]全15銘柄
高値騰落率累計・・・136.94%
安値騰落率累計・・・-74.45%
現在騰落率累計・・・ 26.49%
*日経平均高安レンジ19,014~19,922(908円)


「B」
[2020年4月22日12:00~2020年4月30日15:00時点]全15銘柄
高値騰落率累計・・・218.84%
安値騰落率累計・・・-38.59%
現在騰落率累計・・・166.64%
*日経平均高安レンジ18,858~20,365(1,507円)


詳しくは動画をご覧いただきたい。




We are あすなろ投資顧問


2005年3月3日創業の老舗投資顧問
株式会社あすなろ 関東財務局長(金商) 第686号
一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 第011-1393

「投資家の勝ちこそが我々の価値」をスローガンに株式投資家に向けて個別銘柄情報を提供。
自社サイトの運営を主軸に上場会社ミンカブ・ジ・インフォノイド社運営のみんなの株式と提携し達人として個別株やマーケット雑感を発信する業界のご意見番的アドバイザリー集団。



■あすなろはてなブログ:https://www.asunaroblog.jp/
■あすなろ投資顧問まとめブログ:https://www.asunarodiary.com/
■あすなろ投資顧問代表大石の活動ブログ:https://ameblo.jp/asunarotoshikomon
■みんかぶ達人の予想: https://minkabu.jp/news/ynews_author/118
■あすなろ投資顧問You Tube:https://www.youtube.com/channel/UCaCRPxbZ8Wtaak2FdIvSGkA

[公開概要]
期間:初回公開日より1週間程度
   Aー2020年4月09日~2020年4月17日
   B-2020年4月22日~2020年4月30日
基準:紹介時株価
公開:高値騰落率累計・安値騰落率累計・現在値騰落率累計
株価データ提供:株式会社Quick

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞