UA、核業態「ユナイテッドアローズ」をZOZOTOWNに出店

  •  
  •  

ユナイテッドアローズ(神宮前2)は9月16日、同社の核業態となる「ユナイテッドアローズ」を、インターネットショッピングモール「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」内のセントラルゾーンにグランドオープンした。同社では「ゾゾタウン」内に、すでに5つのストアブランド(「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング」「アナザーエディション」「ディストリクト ユナイテッドアローズ」「チェンジズ ユナイテッドアローズ」「時しらず」)を展開している。「ユナイテッドアローズ」も2005年5月にプレオープンし、一部メンズ商品や小物の販売を行ってきたが、9月16日のグランドオープンにより、メンズ・ウィメンズのドレスとスポーツ、服飾雑貨、リビング雑貨を加えたフルライン展開となる。「ゾゾタウン」はスタートトゥデイ(千葉市)が手掛けるインターネット上のオンラインショッピングモールで、ストリート系ブランドアパレルやインテリア雑貨など45店舗444ブランドを取り扱っている。同モールは、建築家などが図面を引き3D化された、現実には存在しないヴァーチャル店舗が建ち並ぶのが特徴で、什器を含めた店内イメージも描かれている。ユナイテッドアローズ「ゾゾタウン店」は1軒の邸宅風の店舗(=写真)が展開され、各部屋を売り場に見立ててアイテムを紹介している。スタートトゥデイは2004年12月、ライブドアと共同で、「ZOZOTOWN」を携帯3キャリアでも公式サイトとしてサービス開始している。
スタートトゥデイ

[広告]
[広告]
  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞