天気予報

8

5

みん経トピックス

渋谷パルコ、大型改装進む青山で新スタイルのアート展

西武渋谷店・食品フロアがリニューアル-スーパー核に普段使い強化

西武渋谷店・食品フロアがリニューアル-スーパー核に普段使い強化

集中レジを設けた「ザ・ガーデンプラス シブヤ」で普段使いを強化

写真を拡大 地図を拡大

 西武渋谷店(渋谷区宇田川町、TEL 03-3462-0111)A館地下1階の食品フロアが全面リニューアルし、10月23日、「ザ・ガーデンプラス」としてオープンした。

シブヤにちなんで「428円」コーナーも展開

 フロア面積は約1,800平方メートル。スーパーマーケット「ザ・ガーデンプラス シブヤ」と、ベーカリーやジェラートなどの専門店を集積する「専門店ゾーン」の2つのゾーンで構成する。同店広報担当によると、「渋谷地区にはスーパーマーケットが少なく不便という意見などを踏まえ、渋谷地区に住むお客さまが日々のお買い物にご利用いただく点を重視した」という。

 セルフセレクト型の売り場構成となる「ザ・ガーデンプラス シブヤ」には集中レジを設け、精肉や鮮魚、青果、総菜コーナーを展開。「産地限定の精肉」「生産者の顔が見える野菜」などのほか、セブン&アイホールディングス(千代田区)のプライベートブランド「7プレミアム」商品を扱う。オープン記念で23日~25日、日替わり商品を「特価」で販売する。

 「専門店ゾーン」にはパン専門店「パン オ トラディショネル」が百貨店初出店するほか、イタリアを中心にヨーロッパで展開するジェラート専門店「クレマモール」、バウムケーキとラスクを扱う「バリュック」、リニューアル前にも出店していた「ピエール・エルメ・パリ」「ゴディバ」「鶴屋八幡」などを含めた20店舗が出店。オープン記念としてほぼ全店で「お楽しみ袋」(1,050円~1,575円)を各店限定100袋ずつ用意する。

 フロア内ではオリジナル商品として、「ワンコインでもお釣りがくる」をテーマに「428(シブヤ)シリーズ」を展開。「ザ・ガーデンプラス シブヤ」では弁当を中心に、専門店ではジェラートや洋菓子などのスイーツ計12種類を各428円で販売する。

 リニューアルを機に「サービスカウンター」を新設。「店内の専門家」としてフードコンシェルジュが常駐するほか、購入した商品をその日のうちに配達する「本日のお届けサービス」も展開する(渋谷区、目黒区、世田谷区限定で通常525円)。初年度売上目標は前年比190%を目指す。

 リニューアルオープン当日は開店前に約300人が列を作り、開店時刻を5分早めて対応した。営業時間は10時~20時(木曜・金曜・土曜は21時まで)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アルバルク東京VS秋田ノーザンハピネッツ。ブロックショットを見せた竹内譲次選手(中央奥)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング